カテゴリー別アーカイブ: 徳田翔馬

才能の見つけ方

こんにちは!
秋葉原オフィスの徳田です。

私はお笑い芸人が好きなんですが、最近漫才やコントを見るよりも興味深く見ているものが芸人さんのプレゼンテーションです。(最近色んな番組でやっています。)

最近とあるお笑い芸人さんが「才能の見つけ方」という本を出していて、TVでもそのテーマについてプレゼンテーションをしているのを見ました。

で、その人が言っていたのが、「才能は自分では気づかない」というものです。

就活などで他己分析をしなさいというがありますね。
面接でも「あなたは他人からどんな人だと言われますか」といった質問をされることがあります。

これはなぜかというと、自分が何か才能を持っていたとしてもそれは当たり前に身についていることだからそれが才能だと気づかないからだそうです。確かにそうだなーと納得しました。

その芸人さんは10年間お笑いの花形である漫才を続けて、毎日努力していたんだそうです。
でも、あるときTVでちょっとしたおふざけをしてみたら、ものすごい反響だったそうです。
それは他の芸人さんのネタをふざけてパクるというもので、
ゼロからオリジナルの漫才を作ることに比べたら、ほとんど努力をしていません。ところが、10年間努力して続けた漫才よりもちょっとやってみた程度のパクリ芸の方が何百倍も反響があった。
その時、世間(他人)が自分たちに求めているものに気づけたそうです。

自分たちが何年も努力してきた漫才をやる姿は実は誰も求めていなかった。誰も求めていないものは価値がない。

そのことに気づいてからその芸人さんはTVで見ない日はないほど売れっ子になりました。

自分では当たり前と思っていることが、実は自分の才能や強みだったりします。
自分が今まで、人からどんな役割を期待されてきたのか振り返ってみると自分の才能を発見することができるかもしれませんね。

自分を大事に出来る人

こんにちは
秋葉原の徳田です。

最近私の知り合いが。好きな女性のタイプを聞かれたら、「自分を大事にする人」と言っていました。
何故ですかと聞くと「自分を大事に出来る人は人のことも大事に出来るから」と言っていました。

例えば、可愛がられるのが上手な人は可愛がるのも上手です。なぜなら、可愛がられ方を知っているから。可愛がってもらったことがない人は他の人をどうやって可愛がってよいかわかりません。

この話を聞いて妙に納得しました。自分を大事にしている人は清潔感があって、健康にも気を使っていて、自分を喜ばせる努力をしています。そういう人はきっと他人にも同じように出来る人だと思います。

自己犠牲という言葉がありますが、自分を殺して他人に尽くすことは必ずしも良い選択ではありません。

自分のことも人のことも同じように大事に出来る人になって、そういう人と一緒にいたいですね。

ビジネスとゲーム

こんにちは
秋葉原の徳田です。

最近ビジネスはゲームと似ているなーと思っています。

私の趣味の一つに麻雀というゲームがあります。
麻雀というと不健全とかおっさん臭いとか良くないイメージを
持つ方もいますが、非常に奥が深く知れば知るほど奥が深いゲームです。

麻雀って、複雑なポーカーのようなゲームで、最初にランダムに配られた牌と山積みにした牌とを交換しながら、役を作り、その役の強さによって点数をやり取りしていくゲームです。

ビジネスではPDCAサイクルって言葉がありますよね。
現状を把握して、やってみて、軌道修正していくっていうあれです。

麻雀は最初に配られた牌を見て、自分と対戦相手(競合)の現状を把握する→自分がどのぐらい早く、どのぐらいの強さの役が作れそうか予測する→山牌と手牌を交換しながら、予測と違えば軌道修正していく。
なんだかビジネスと考え方が似ていますね。

私も最近PDCAを意識して仕事取り組めることが増えてきたなーと
感じていますが、もしかしたら多少なりとも麻雀が役に立っているかもしれませんね。

麻雀の戦略やゲーム時のマナー等、性格が非常に出やすいゲームとも言われていまして、麻雀を採用選考に取り入れている企業もあるそうですよ。

もし弊社で麻雀面接を取り入れたら、私が面接担当として、いろんな人の性格を分析してみたいですね笑

失敗を恐れないこと

秋葉原オフィスの徳田です。仕事をしていれば大きいものから小さいものまでたくさんの失敗をします。失敗したら怒られるし、人に迷惑かけるし、辛くなります。

私は失敗して落ち込んだ時は過去の成功者たちの言葉を思い返すようにしています。その中にこんな言葉があります。「PKを外すことができるのはPKを蹴る勇気を持った者だけだ。」
イタリアのサッカー選手の言葉なのですが、彼はW杯の決勝戦でPKを外して負けてしまいました。世界中の人が見ている前で大きな失敗をしたのです。でも彼はPKを蹴ったことを誇りに思っています。PKを外すことを恐れて他の人に任せていれば、恥をかくことはなかったかもしれません。でも彼は自ら進んでキッカーを引き受けました。

この話は私が産まれる前の話なのですが、偉大な先人の言葉として今でも有名な名言の一つとして語り継がれています。私は失敗したなーと思った時、自分はチャレンジしたか?と問いかけるようにしています。逃げ腰になってチャレンジすらしていなかったら本当に恥じるべきだと思います。進んでチャレンジした結果失敗したなら、それは必ず次につながるチャンスだと信じています。

先ほどの話のイタリアの選手はPKを外した次の日にはきっと一人黙々とPKの練習に取組んだと思います。失敗することを恐れることよりチャレンジしないことを恥じる姿勢を大事にしていきたいと思います。