チームで学んだ最も大切なこと

皆さんこんにちは!新宿本社の平居です。

本日は鈴木さんから新人に向けて、チームに関しての研修を行っていただきました。

テーマは今までに組んできたチームについてと、チームメイトから教わった最も大切なこと。

どのチームも、最小の人数は2人からです。

私の今までの経験で最もチームを組むことが多かったのは、やはり母かなあと思います。

鈴木さんは私達が理解しやすいよう、受験の時に組んだチームで考えてみることを提案してくださいましたが、その際もやはりチームメイトは母でした。

受験の時に限らず、常に色んなサポートを受けてきましたが、その中で学んだ最も大切なことは、「自分の可能性を信じること」だと思います。

私の人格を常に肯定し、何でもできると教えてくれたので、それが「自分は何があっても絶対に折れない」という、自分の中の精神的な強さに繋がっていると思います。

母だけではなく、大学でお世話になった先生なども私を含めた生徒の可能性をどこまでも信じてくれる人ばかりだったので、そこで自分自身を信じることができる土台を作ってもらいました。

社会に出るということは、これまでのチームでもらったものをやっと返せる場に立つということだと鈴木さんも仰っていましたが、私もその通りだと思います。

大変なことはもちろんありますが、感謝と前向きな気持ちで、常に頑張っていきたいと思います。

 

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 平居浩慧   パーマリンク

コメントは受け付けていません。