不満を提案に変えるには

こんにちは!
経営企画部の中山です。

 

写真は経企で現状分析をしたもの。

 

SGの社訓に

【不満は提案に変える】

というのがあります。

ただ、これほど難しいこともないのだ、と経営企画部業務をしていて思います。
みんないろいろ想いがあり、変えたい思いもあり、日々の竜巻のような仕事もあり、バタバタしたプライベートがあり・・・。

不満を提案に変えるにはパワーがいるんですね。そのパワーはなかなか慌ただしい中だとたんなる不満のまま残ってしまう。

思うに不満を提案に変えられないのはもちろん本人の精神的な問題もありますが、組織の体制や雰囲気、そういった外的要因も大きいと思います。

精神的な問題としては、まず「すべては自分が変えられる」と思うことでしょうか?
仕事のちょっとした導線も、自分の出処進退・去就のすべても、コンビニのパンの値段も、税金の価格も、自分のキャリアや人生そのものも。全部、すべて自分が変えられると思うことでしょう。コンビニのパンの値段が気に入らないなら、スーパーに行けばいいし、税金が高くて気に入らないなら外国に行けばいいだけの話なんですから。

まぁとはいえ、そりゃ変えられないものばかりですが・・・。

ただ「すべて変えられる」は裏を返すと、「すべてのことは全部自分の責任」だということ。その不満が全部自分のせいだとしたら、なんとか提案していくしかないでしょう?

なんか無駄だな、面倒だな、なんでこんなことで怒られなくちゃ行けないの・・・。というのは、どうにも他責で上司だとか同僚だとか配偶者だとか、ともかく周りの人間のせいにしているからでてしまうんですね。結局、組織の評価も、行政の対応も、奥さんの連れない態度も全部自分の責任なのは事実なので、そこに目を向けられたらいいですね。それが提案にかえるエネルギーになります。

ま、そうはいっても人間そんなことできれば苦労しませんけどね・・・。

 

で、そこで重要なのがどういった組織なら、組織の成員に他責をせず、自責で判断し、不満を提案に変えられるのか、ということです。
古今東西あらゆる組織の悩みだといっても過言ではないでしょう。

だからその答えも別に単純で、①提案することが明確に評価され(提案しないとマイナス評価)②提案の実行を組織として支援し③裁量権を自分で獲得していく流れ、があればいいんですね。
とはいえ・・・。

複雑なシステムで成功しているものがあるのなら教えて欲しい。私は試行錯誤を繰り返していて進化してきたシステムなら知っているが。
『まっとうな経済学』ティム・ハーフォード

言うは易し、行うは難しの典型みたいな話ですが、教育や支援制度、実績を積み上げてSGもそういった組織になっていくよう、試行錯誤を繰り返し、進化していけるようなんとかリードしていきたいと思っています。

まぁ、まずは私が不満ではなく提案していかないといけないですね。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 中山祐輔   パーマリンク

コメントは受け付けていません。