内定者の本音 ~EPISODE 3「期待と不安の狭間で」~

こんにちは。

内定インターンをはじめて1ヶ月ほど経ちました。

社会で働き始めることに対して、

私は、早く社会に出て働きたい、親のすねかじりから脱したい(笑)という期待と、

学生から社会にでてやっていけるだろうか、という不安がありました。

学生時代は割と何をやっても自分だけに責任がありましたが、

社会人となれば、自分の所属する会社に対しても大きな責任があります。

また私のような文系は、大学での勉強と、仕事でやることがかけ離れていて、

ゼロからできるのだろうかという心配が大きかったです。

残りの学生生活をどう過ごすかを1年くらい前から考えた時、

せっかくの自由な時間を有意義に、後悔なく使いたいなと考えていました。

SGでのインターンを経験している今、

自分のできること、できないことが少しづつわかってきた気がします。

仕事に対するイメージも、今までまわりの社会人の話から想像するしかなくて、

特に、大変といったネガティブなイメージも大きかったのですが、

思ったより仕事っておもしろいなと感じています。

今はひたすら学ぶばかりで自分の成長を感じられるからでもあるとは思いますが…

 

どんな風に働いていきたいか、といったこともぼんやりと見えつつあります。

実際に見えていないものを想像するだけだと、周りの意見などにも左右されてしまうし、

不安が膨らんでしまうのだなと感じました。

まだまだ期待と不安を持ち合わせていますが、(> <)

大事なことは自分の五感で感じとって判断していきたいです!

 

 

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 【当社で働きたい人へ】, 内定者インターン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。