カテゴリー別アーカイブ: ケビン

前回に引き続き

サポート行政書士法人、

大阪支店のケビンです。

少し期間が空いてしまったが、前回、予告していた大阪の朝MTGの続きについて、
どうなっていたのかを共有します。

ずばり、成長していました。

ちょうど、鈴木さんが来阪されるタイミングで、チェックしていただけるとのことだった
ので、鈴木さんよりMTGの仕方について、なにか指摘はありませんでしたが、
今のやり方が良くても、また、形骸化するとダメなものになってしまうので、
日々工夫しながらMTGは有意義なものにしていこうとのメッセージをいただきした。

変えたい、より良くしたいという大阪メンバーの熱意が鈴木さんに伝わったのかなと。
何よりも、引っ張ってきてくださった山﨑さん、ありがとうございます。
山﨑さんのリーダースキルを見習い、実践すると、自分たちの成長に大きく影響すると思います。

やはり、サポート行政書士法人はリーダーを生み出す会社だなとこの経験を通して改めて実感することが出来ました。

リーダーとは

1ヶ月ぶりのブログとなります。
サポート行政書士法人のケビンです。
皆さん、お元気でしたか?夏も本番に近づいてきているので、
マスク着用必須のこのご時世では、十分に体調に気をつけましょうね。

さて、本題に入りますが、今回はリーダーについて、お話をしていきます。
リーダー、または、リーダーシップ、などなんとなく今までで人生の中では、
日常的に聞くような言葉ではないでしょうか?

ですが、リーダーとは、一体どういう人を指しているのか、リーダーシップとはどういった人が向いているのか、またはその気質は一体なんのか、はよく分かってそうでわからないものですよね。

この度、代表である鈴木さんが来阪され、大阪の朝MTGについて指摘をしてくださいました。茶番だと、このMTGで何しているのかわからないだと、単刀直入に言うと、意味がないものに朝の10~15分に時間を費やしてきたのではないかと、そういう意味合いで私自身感じ取りました。

これは、本当に大の大反省の機会となりました。確かにそうだと、MTGの度に、言わないとダメだからとか、周りのみんながやっているからだとか、特に言いたいことがないけど当たり障りのない話でもいいかとか、と大阪の皆さんが内心思っていたのではないかと思います。

SGは、リーダーを作り出す会社なのに、MTGが茶番になっているのでは、リーダーが生まれるとは到底思えません。私が思うには、生まれつきのリーダーなら、この状況にいち早く気づき、皆さんに危険信号を送ってより良いものに変えようとするはずだったが、どうやら大阪では生まれつきのリーダーはいませんでした。というのも、生まれつきのリーダーはごく稀でなかなかいませんよね。

ただし、世の中のリーダーは、ごく稀で生まれ持った才能だからリーダーになれたかというと、そうではないと思います。リーダーの気質は様々ですが、この世の中にいるリーダーたちは共通して言えるものがあります。それは、より「良いもの」を作りたいという熱い気持ちがあるかどうかと考えます。より良いものを作りたくて、どんなに難しくても、実現させたい、成功させたいと、いう気持ちを共有し、みんなでその「良いもの」を作り上げようと。

じゃあ、大阪は、現状より良いものを作りたいという気持ちがないのかというとそうは言っていません。より良いものを作りたいけど、方法がわからない、どうすればみんなに共有できるのかわからない、不安だという気持ちの方が先走ってなかなか言いたいことも言えなかったりするかと思いました。これが、大阪のまずいところだと鈴木さんが指摘してくださいました。これらを打破する為に、やり方はシンプルで、発言の場を設けて、単なる意見交換ではなく、自分がリーダーになった上での発言をしようと、ガラッと大阪の朝MTGは生まれ変わりました。

ここから、大阪はどう変わったのか、どんな効果があったのかを話したいのですが、話が長くなるので、近いうちに再度UPしますので、お楽しみにしていてくださいね。

判断力とは

20メンバーのケビンです。

SGに入社して早くも2ヶ月立ちました。インターン時代入れて9ヶ月でした。
SGのこと知っているようで実はまだまだ知らないところがいっぱいありました。
受けた研修を最大限発揮するのに励む日々です。

その中で、判断力について研修を受けました。
自分で判断できる人は、自分で考える力のある人ですが、経験が浅いうちに、勝手にすすめることは、後にトラブルに繋がる可能性が大いにあります。

ただ、何も考えずに相談するのも自分で考える力を養おうとしない行動の一つになります。自分の考えた判断を実行する前に、その旨を最適者に相談し、フィードバックをもらった上で実行していく、そうすると、類似案件や似たようなケースに直面した時に、
自分で判断できる身になり、成長していきます。

全ては練習や実践ありきなので、まずはこれらを実践し、
小さいことからでも成長していきます。

大阪20メンバーのケビンです。

こんにちは、はじめまして。

2020年4月に新入社員となりました、ケビンです。

2019年10月より内定者インターンをはじめ、少しずつSGのことを知っていったつもりですが、まだまだSGのことは知らないなと研修動画を拝見して思いました。

新入社員としてすべての動画が勉強になる動画ばかりですが、特に印象に残ったのは、お客様から見るSGの「魅力」でした。

SGのこれがいいところだとか、絶対SGに依頼した方がいいとか、あくまでも社員としての価値観であって、お客様が本当に思うSGの「魅力」とは客観的に見ないと分からないものです。

料金は高くてもいいからスピーディーに対応してほしい、値段は極力抑えたい、私だけのケースに集中してほしい、さまざまです。もちろん、それぞれに沿った対応が必要になります。

しかし、SGとしては、お客様に寄り添う姿勢、お客様を否定しない、お客様と一緒に問題解決をする、これに限ります。これがコンサルタントとしてのあるべき姿だと学びました。

これからは、できることも増えてくると、業務も多忙になり、あれもこれもと日々手一杯になります。周りの社員もそうですが、お客様のことも最適に考えられなくなる時がありますが、「お客様に寄り添う」これを軸に業務をしていくと、お客様自身が考えるニーズよりニーズを見出してSGに依頼してよかったと思ってもらいます。

これからもよろしくお願いします。