スコトーマ

心理的盲点の事をスコトーマといいます。

私は昔から目が悪く、普段はコンタクト(強度近視)+メガネ(乱視)なのですが、

ここ数カ月パソコンのモニターがずっとぼやっとしていて、更に眼精疲労からくる頭痛を感じていました。

その状況にも関わらず、もともと目が悪いからこれくらい仕方ないと特に気にしていなかったのですが、

私のパソコンを使用した増野さんから、

「なにこのモニター、見辛くて1分で目の奥が痛くなる!!」

と言われました。

モニターの解像度が合っていませんでした・・・

恐れていたスコトーマ現象です。

私たちが何かを認識するとき、五感で受け取った情報を「重要な情報」と「重要ではない情報」に分けるようになっていて、「重要でない情報」が見えなくなってしまう事をスコトーマ(心理的盲点)と言います。

そして、「知識がない/知っていたのに重要でないと判断したこと」がスコトーマの原因です。

私の場合、後者の原因で、

モニターがぼやけているのを知っていたのに、

目が悪いから仕方がないという固定概念によりスコトーマとなってしまいました。

 

皆さんも、スコトーマで躓くことはありませんか?

 

何か違和感を感じた時は、過去の経験(前例)の通りに処理せずに、一旦今の自分にとってはどうか?と再検討する事で、極力スコトーマを減らしていけると思うので、10月は「一旦立ち止まって検討する」月間にします。

 

 

 

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 土子翠   パーマリンク

コメントは受け付けていません。