HOMEビザ・帰化技能実習ビザ技能実習の手続き > 企業単独方で実習生を受け入れたい法人様向け
技能実習ビザ

企業単独方で実習生を受け入れたい法人様向け

いい人材を低コストで技能実習生として雇用したい法人様向けです

海外法人はあるけど、技能実習計画の作成が面倒な方

複雑な要綱を読みこんだプロにスピーディーに申請してほしい方
当社にお任せください!
 
技能実習制度は、日本で培われた技能、技術又は知識を開発途上地域等へ持ち帰り、
経済発展を担う「人づくり」を目的として創設された制度です。

技能実習生の受け入れ態勢として「団体監理型」と「企業単独型」の2種類があります。
※「団体監理型」で技能実習生を受け入れるご予定の法人様はこちら
 

企業単独型で技能実習生を受け入れるメリット

特定監理団体を経由せずに直接、技能実習生を受け入れられ、
将来、現地法人で働く人材を確実に育成できる点です。
 

① 企業が主体となって技能実習生希望者を募集するため、良い人材を直接雇用することができる
② 日本での技能実習を終えた後も母国へ戻り、引き続き現地の関連会社で活躍してくれるため、
技能実習生にかけたコストを回収しやすい
③ 監理団体を経由せずに直接雇用できるため、経費を削減できる

 

「企業単独型」で受け入れる場合、下記ポイントをクリアする必要があります。
 

「海外に支社・支店・現地法人などの関連企業がある」法人であること
受け入れる技能実習生は、現地支社・支店などの「常勤社員」であること


上記をクリアしている場合は、良い人材を直接雇用できる点、
また人材に係るコストを削減できる点でも、企業単独型がオススメです。
技能実習計画の失敗エピソード

■制度の要件を読み込まず申請したところ、
入国前講習の要件をクリアしておらず 入国後の実習短縮が認められなかった

送出し国からの契約書類の原本が予定期日になっても届かず、
当初予定していたスケジュールが大幅変更になってしまった 

申請後、審査機関から追加書類を大幅に求められ、なかなか対応できず
想定以上に時間がかかってしまった 

本申請の基本的な要件や法令が理解できておらず、
送出し国の技能実習生へ契約内容をうまく説明できなかった  など

→技能実習生を受け入れる際は書類作成だけでなく、
スケジューリングも含めた総合的なコンサルが必要です!

弊社にご依頼いただくメリット

・お客様にあったプランをご提案

 内容をお伺いし、お客様にあったプランをご提供致します。
・必要書類案内・書類確認 
 技能実習計画の必要書類として、技能実習生と貴社との雇用契約等 原本が必要なものが複数ございます。
 頂いた情報をもとに当社にて各書類を作成しますので、スムーズに現地へ書類をご手配いただくことができます。
・期日管理、申請期日等の管理
 実習予定日から逆算し、期日管理を行います。
・問い合わせ・追加書類の対応
 申請者様からのお問い合わせだけでなく、審査機関とのやり取りも当社が代理で行いますので
 ご担当者様の負担を大幅に減らすことができます。
・専門チームが対応
 全国的にも珍しい「企業単独型」の認可実績がある専門チームが担当いたします。
認可後の各種お手続きもサポート可能
 技能実習計画の認定後の在留資格認定をはじめ、各種許認可等のお手続きも総合的にサポートしております。
また、貴社の専門スタッフを法務デスクとしてご活用いただけるプランもございます。
 

企業単独型での技能実習生受入れをご検討の場合は、サポート行政書士法人へ!

サポート行政書士法人では、新たに企業単独型にて技能実習生を受け入れられる法人様から、
今まで団体監理型から企業単独型へ受け入れ態勢の変更まで、
認可取得に向けた書類作成から、法令の調査のサポート・コンサルティングを行っております。


当社では、技能実習計画の認可に係る在留資格認定や各種許認可の取得・更新業務まで
幅広く対応しているため、一括でまとめてご依頼いただくことも可能です。
ぜひご相談ください。
 

お問い合わせはこちら

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. オンライン面談希望
  4. ※必須
  5. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

技能実習ビザTOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録