HOME許認可宅地建物取引業免許 > 宅建免許について
宅地建物取引業免許

宅建免許について

宅地建物取引業とは、不特定多数の人を相手方として売買・交換・賃借の業務を
反復・継続して行い、社会通念上、事業の遂行とみることができる程度の業行為をいいます。

わかりやすく言えば、不動産のオーナーとして賃貸を行う以外の不動産に関する取引を
繰返して行うような場合は、宅地建物取引業免許が必要となります。

免許の区分

宅地建物取引業免許は、大臣免許と知事免許に分類されます。

大臣免許とは、2つ以上の都道府県にわたって営業所を設置する業者が申請する免許で、
国土交通大臣へ申請を行います。

知事免許とは、宅建業を営む営業所がひとつだけの業者が申請する免許で、
各都道府県知事へ申請を行います。

免許は、法人であっても個人であっても申請が可能です。

免許の有効期間

免許の有効期間は5年間で、有効期間後も引き続き営業を続ける場合は、
有効期間の満了する90日前~30日前までに更新手続きを行う必要があります。

免許を申請したときから、会社組織や役員などに変更があった場合は、その都度変更の届出が必要です。

宅地建物取引業免許TOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録