HOMEビザ・帰化芸術ビザ > 芸術ビザの例
芸術ビザ

芸術ビザの例


いずれの場合にも、これまでに高い業績があり、芸術活動のみで安定して生活できることが必要です。

創作活動を行う芸術家

作曲家、作詞家、彫刻家、工芸家、著述家、写真家

 

例1

イタリアで彫刻家としての経験が8年以上あり、有名な展覧会での入賞歴がある方が

日本の会社と雇用契約を締結し、日本において創作活動を行う活動

例2

独自の技法を用いて、デザインアート作品を行う方が、

日本の有名ショッピングモールで実演する活動

 

芸術上の活動について指導を行う者

音楽、美術、文学、写真、演劇、舞踏、映画について、指導を行う方が該当します。

 

例1

ヨーロッパ各国でバレエ講師を務める方を日本に招いて、

バレエ教室の先生として行う活動

例2

HIPHOPダンサーとして活躍し、

有名アーティストの振り付けも手掛ける方を招へいし、ダンスレッスンを行う活動

例3

米国のミュージカルにおいて、舞台俳優としての経験の他、

演出も行う方が日本の舞台における演技指導を行う活動

 

芸術ビザTOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録