HOME最新トピックス > 個人事業主の方が「特定技能」外国人を雇用するには?
最新トピックス

2021年3月1日

個人事業主の方が「特定技能」外国人を雇用するには?

こんにちは、

サポート行政書士法人の近藤です。

今回は「特定技能」ビザについて話ししたいと思います。


これまでは飲食や介護などの単純労働とみなされている業種では、

外国人の雇入れは認めませんでした。

新しく、就労ビザ「特定技能」が導入され、外国人の就労が

認められていなかった業種でも、外国人が就労可能になりました。

 

また、飲食店における外国人労働者の受け入れについては、

農林水産省によって運用方針・運用要領が定められています。

(農林水産省https://www.maff.go.jp/j/keiei/foreigner/new.html)


そのため、飲食店で外国人を雇用することは難しいハードルが高いと思われている事業主が多いですが、

「特定技能」ビザで受け入れることができます!


しっかりとした、書類等を準備すれば、スムーズにいち早く許可を取得することが可能となります。

 

弊社はビザについて、様々なサポートをしています。

何かご不明点ある方は、是非お問い合わせください。

カテゴリ一覧はこちら

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談