最新トピックス

2016年9月14日

行政・ハウスメーカー様・お客様への郵送

こんにちは。

大阪オフィスのエコ補助金担当です。
 
弊社では、補助金の書類をお客様に郵送する際に、
専用の封筒・返信用封筒で送付をしております。
どちらから送られてきたのか、
所在地が確実で安心していただくことはもちろん、
お客様からの質問について、直接の専用窓口で対応をしておりますので、
ハウスメーカー様の手間も省くことができます。
 
至急対応が必要な資料等につきましては、
状況に合わせ、宅配便等の迅速で追跡が可能な便を使っておりますので、
いつでもお任せください!

2016年8月19日

住宅ローン契約書について


こんにちは。
新宿オフィス、すまい給付金担当の大久保です。


住宅ローンをご利用の方は、申請の際に、住宅ローンの契約書(コピー)の提出が必要になります。

その際にご確認頂きたいのが、

・収入印紙(又は印紙スタンプ)があること
・借主として申請者様の氏名が書かれていること(連帯保証人は対象外です。)
・借入目的が建物建設等になっていること(アパートローンや土地購入ではありません。)(賃貸併用の場合はご相談ください。)

以上をご確認下さい。

お手元にある、「お客様控え」は印紙が貼ってない可能性が高いです。
その場合は、金融機関にご連絡頂けば、印紙付きのコピーがもらえます。

チェックポイントを確認し、ご申請下さい。

2016年7月15日

課税証明書について

 こんにちは。

すまい給付金担当の大久保です。

 

すまい給付金の申請には、課税証明書のご用意が必要です。

 

この課税証明書が、新居の引き渡し日によって必要な年度が変わります。

 

平成27年7月~平成28年6月までの間にお引き渡しがあった場合、平成27年度(26年中)の課税証明書

平成28年7月以降にお引き渡しがあった場合は平成28年度(27年中)の課税証明書

 

のご用意が必要です。

 

課税証明書の年度をお間違いないよう、今一度ご確認下さい。

 

すまい給付金に関することは、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

太陽光・エネファーム等補助金申請について

大阪オフィスの太陽光・エネファーム等補助金担当の木下です。

新築の建物に太陽光・エネファーム・蓄電池・HEMS等は設置されていませんか?

太陽光・エネファーム・蓄電池・HEMS等の設置に対して補助金があります。

お住まいの地域により、国・都道府県・市区町村の3つから支払われる可能性があります。
可能性があると記載したのは国・都道府県・市区町村にはそれぞれ補助金支給要件があるので、この要件を満たす場合に補助金が出ます。

既に補助金の予算が既存の申請分で新規受付を終了している申請先もございます。

ひょっとして該当するかも?と思われた方はお問い合わせください。

2016年7月14日

すまい給付金「課税証明書」の対象年度

こんにちは。 
名古屋オフィスすまい給付金担当の見取です。
すまい給付金の申請を行うためには、
「課税証明書」(市区町村により名称が異なることもあります)
が必要となります。

市役所で発行する際に注意していただきたいのは、課税証明書の年度です。
すまい給付金は住宅が引き渡された年月によって、課税証明書の対象年度が変わってきます。

例えば、平成28年の1~6月までに引き渡しが行われた方は、平成27年度の課税証明書が必要となります。

毎年6月に最新の課税証明書が発行されるのですが、すまい給付金では平成27年度が必要なのに、
最新の平成28年度を用意してしまって、再度取りなおすという方もいらっしゃいますので、
ご注意ください。