HOME最新トピックス > 防火防災サポートトピックス

最新トピックス

2018年4月12日

飲食店や宿泊施設などのテナントを始める方へ(消防関係手続のお知らせ)

2017年3月14日

防火管理者を選任・解任したら…

こんにちは。 新宿オフィスの増野です。

今日は、防火管理者の選任・解任届出についてです。

防火管理者を選任・解任した場合は、遅滞なく、

届出は、赤い朱肉の押印がついたものが2部(正副)必要です。

消防署保管用と申請者保管用です。

2017年3月1日

防火対象物ごとの「消防計画」

こんにちは、新宿オフィスの増野です。

消防計画に定めるべき内容は、対象となる施設(防火対象物)の
特性に応じて異なります。

例えば、「不特定多数の人が頻繁に出入りをする広大なショッピングセンター」と、
「来客はほとんど発生しない従業員2~3名のオフィス(事務所)」では、
想定される出火原因や延焼・人命損傷の想定リスク等が異なりますので、
おのずと、講じるべき消防対策・計画も、その重点ポイントも異なることになります。

消防計画には、防火対象物の用途別の特性をふまえ、
現場に即した内容を定めることが重要です。

例えば、以下のような用途の防火対象物では、 それぞれ、
消防計画を作成する際に重視すべき重点事項として以下が挙げられます。

■飲食店の場合
・厨房火気設備(天がい、ダクト等)の火気管理
・終業時の喫煙等火器の安全管理 等

■百貨店の場合
・収容人員の適正管理
・階、区域ごとの従業員の任務の明確化
・発災時の非常放送等情報伝達、案内方法 等

■旅館・ホテルの場合
・客室の喫煙管理 ・夜間の活動体制
・夜間(想定を含む。)における消防訓練の実施 等

他にも、マンション、病院、映画館、工場等、防火対象物の用途に応じて、
消防計画に作成すべき内容は異なります。

弊社では、防火対象物の用途に応じて、
消防計画の作成・変更サポートを行っています。

お困りの方は、是非お気軽にお問合せ下さい。

2017年2月28日

「消防計画」は作成していますか?

こんにちは。新宿オフィスの増野です。

皆さんの事務所には、「防火管理者」が選任されていますか?
その防火管理者は、「防災計画」を作成し、管轄消防署に届出を行っていますか?

「消防計画」とは、対象施設において火災が発生しないように(予防)、
また、火災が発生してしまった場合に被害を最小限に抑えられるように(対処)、
事前に、具体的な対応事項を定めた計画を言います。

消防計画に盛り込まなければいけない事項は、法定されており、
例えば、「消防用設備等の点検」「消防訓練」
「従業員が守るべき事項」等が定められています。

消防計画は、防火管理者が作成し、管轄消防署に「消防計画作成届出書」を
提出する必要があります。 また、作成後、消防計画に変更が生じた場合は、
変更発生の都度、管轄消防署に、 「消防計画変更届出書」を提出しなければなりません。

最近、「そもそも消防計画を作成しておらず、消防署から指摘されてしまった」
「消防計画作成後、変更が生じているのに変更届出を提出していなかった」等、
消防計画に関するご相談をいただくことが増えてきました。

様々な火災事件等を受け、年々消防署の指導の目線も厳しくなっているようです。

…新たに消防計画を作成したい。 …消防計画を自社にあった内容に見直したい。

そんなご希望をお持ちの方は、お気軽にサポート行政書士法人にご相談下さい。

2016年12月13日

消火器の新規格ラベルについて

皆さん、こんにちは。
名古屋オフィス防火防災担当の見取です。
 

皆さん、消防点検は行っていますか?
2011年1月1日から、消火器の表示ラベルの規格が下記の図のように変更されています。
 
まだ変更されてない方は2021年3月31日までに
新規格に適合した消火器に交換する義務がありますので、今一度ご確認くださいね。

 

 

1 / 512345