HOME未分類 > ペット契約
(負担付死因贈与契約)

ペット契約(負担付死因贈与契約)

 ペット契約(負担付死因贈与契約)とは・・・

 

ペットの飼い主とペットを託す方との双方の合意によって成り立つ契約です。

例えば、飼い主が「最後までペットの世話をすることを条件として、○○万円贈与する」という意思表示に対し、

ペットを託す方の承諾が必要となります。

契約の効力は飼い主の死亡によって生じます。

またペットの世話という条件により、財産を譲るという点はペット遺言(負担付遺贈)と同じですが、

ペットを託す方の承諾が必要であるため、より確実性が高いと言えます。

しかし、注意点があります。

それは、契約を書面によって行うことです。

書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができます。

契約が確実になされるためにも、書面さらには公正証書によって行うことをお勧めします。

また遺留分減殺請求によって、遺贈が減殺された場合でも、不足額が死因贈与によって補われる可能性もあります。

さらに死因贈与執行者を指定しておくことで、確実な契約の履行が期待できます。

 

こんな場合に利用

・自分がいなくなった後のペットの生活が心配

・ペットの世話を頼みたい・ペットの世話について相手方の理解を得ておきたい    など

 

          メリット           デメリット
・自らのペットに関する意思表示ができる ・遺留分減殺請求がされる可能性がある
・相手方の承諾を得ているため確実性が高い ・効力発生は飼い主が死亡した場合のみである

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談