HOME最新トピックス医療法人のトピックス > 私は外国人ですが診療所・クリニックを買収することはできますか?
最新トピックス

2019年2月8日

私は外国人ですが診療所・クリニックを買収することはできますか?

外国人でも診療所を買収し運営することは可能です。 

この場合、診療所を開設している医療法人ごと買収するというのが一般的な方法になります。

診療所を開設するためには、医師個人が個人事業として開設する方法と、医療法人がクリニックで医師を雇用し、診療所を開設する方法のふたつになります。

したがいまして、日本の医師資格がない外国人の方がクリニックを運営するには医療法人を経営し、クリニックを開設するのが現実的です。

医療法人を買収するためにはいろいろな方面から考慮して進めなければいけません。

まずは、社員(一般企業で言う株主)をどうされるかです。

買収をするということは購入者が社員となるので、社員を変更する手続きをしなければいけません。

そして、もとの社員から出資持分を譲渡して頂く手続きも必要となります。

役員(理事)の変更も必要となってきます。

診療所の管理医師や名称を変更されるのであればその変更の手続きも必要になります。