HOME許認可製造たばこ小売販売業許可 > シーシャフレーバーを輸入販売事業
製造たばこ小売販売業許可

シーシャフレーバーを輸入販売事業

シーシャのフレーバーを輸入販売するには

外国で製造されたシーシャのフレーバーを輸入して販売するためには、輸入を行う企業が 特定販売業者としての登録を受け、フレーバーそのものの小売定価認可申請が必要になります。

製造たばこの特定販売業とは?

自ら輸入をした製造たばこの販売を業として行おうとする場合は、税関長の登録を受けなければなりません。この登録を受けた者を「特定販売業者」といいます。 ※たばこ事業関係法令において、特定販売業に関する条項に基づく財務大臣の権限を税関長に委任されています。
輸入販売を行うまでの流れ


 

輸入販売を行うためには、財務大臣への登録手続き、販売するたばこの小売定価の認可申請を行う必要があります。

ただし、たばこ事業関係法令において、特定販売業者の登録や認可申請の手続きにおいて、 一部税関長が委任を受けており、手続きの方法がややこしくなっております。

特定販売業者の登録ができたとしても、販売するたばこの種類ごとに認可を受ける必要があるため、それ以降の手続きの方法がわからないと当社に問い合わせいただく企業様も何社かいらっしゃいます。

輸入できるフレーバーなのかも大事なポイント

基本的な流れは上記で説明した通りですが、シーシャのフレーバーを含むたばこは 身体に影響を及ぼすものです。そもそも輸入して販売できるものなのかというのも ポイントになり、厚生労働省や近隣の管轄の市役所にメーカーの作成した成分表を 提出し、輸入に関しての了承を得る必要がございます。

たばこ小売販売業許可に関する許認可のご相談はサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規でたばこ小売販売業許可を取得される方から、すでに許可を取得されている皆さまに対して、たばこ事業法に関する申請サポートやコンサルティングを行っております。 たばこ小売販売業の申請は専門性が高く、対応している行政書士が少ない分野の一つと言えます。 日々企業の皆様の代理人として行政庁への申請や折衝を行っている行政書士だからこそ蓄積できるノウハウ・実績を元に、たばこ小売販売業に関する法務サービスをご提供いたします。 弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら!

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

製造たばこ小売販売業許可TOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談