最新トピックス

2017年11月8日

「高度人材」最短1年で永住権を取得

 これまで、「高度人材外国人」という在留資格の方は、ポイントが70点以上であれば、永住権の在留期間の要件が緩くなり、通常10年のところ、5年間で申請が可能になっていました。

 

しかし、20174月より、さらに要件が緩くなり、永住許可の申請に必要な在留期間を5年から3年に短縮されました。さらに、ポイントが80点以上の方は、最短で1年となりました。

 

「高度人材外国人」の方が永住権を取得すると、日本での社会信用の増加、ビザ更新の手続きが不要、在留活動に制限がないなどのメリットがあります。

そのため、弊社でも「高度人材外国人」から永住権への在留資格変更のお問い合わせを多くいただいております。また、英語・中国語・韓国語などにも対応しております。

 

弊社では情報について万全を期しておりますが、変更などが生じる可能性もあるので、正確な情報は下記をご参照下さい。

 

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan50.html

 

 

初回の相談は無料で行なっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

2016年10月25日

軽微な交通違反も不許可の原因になります。

こんにちは。

大阪オフィスの永住担当です。

近頃、永住申請の不許可理由として「交通違反」が挙げれられます。
スピード違反や信号無視等、軽微だと考えたことが、
永住申請の「素行要件」に関わってきます。

交通違反だけではなく、過去の在留や経歴等に対しても
小さいことだと考え、つい見逃してしまった点が原因で不許可になるケースが多く見られます。

申請時には、細かいところまでチェックし、書類を作成していく必要があります。

2016年9月27日

出国歴が多い方は要注意

永住申請をする上で、出国歴も考慮すべき対象となります。

 

1年に連続して3カ月以上外国にいる方は、その理由を説明したほう有利に働くケースがあります。

 

特に、「本当は日本で暮らしたいけれど、会社の出張で外国に滞在せざるおえなくなった」など、

自分の意思とは違い、出国をしていた場合は、出張命令書であったり、その理由を述べることもあります。

 

申請者の方が置かれている状況によって、説明の仕方、準備をした方がよい書類も異なってきますので、一度ご相談をいただければと思います。

2016年8月22日

在日年数について

2016年7月14日

永住許可申請時の理由書

皆様、こんにちは!
大阪オフィスの永住担当です。

永住許可申請をする際には、必ず「理由書」の提出が必要になります。
永住を希望する理由は、皆それぞれですが、
この理由書作成には、いくつかポイントがあります。

近頃、永住申請が不許可になってしまい、弊社にご相談に来られるお客様の中でも、
ご自身で作成なさった理由書が原因で、
勿体ないことに不許可になってしまった方が多いです。

ご自身で申請なさる前に、是非私たち専門家一度ご相談ください!

1 / 111234510...最後 »