宗教法人

宗教法人設立申請でお悩みの方へ

宗教法人の設立のメリット・デメリット

日本では宗教活動の制限等は特にありません。

現在、宗教活動をされている団体の場合、宗教法人にしないとできないことは数少ないです。

 

宗教法人にする必要性はそもそもあるのかしら?と、悩まれておられる団体は多いと思います。

 

そこで宗教法人のメリット・デメリットを挙げてみました。

メリット

法人名で契約ができるので、信用度が高まります。

個人所有の土地・建物の場合に、相続等で使用できなくなる恐れがありますが、土地、建物の所有を宗教法人にすることで、継続して活動できます。

宗教収入の課税が免除されます。(但し、事業収入は課税されます。)

>>詳しくはこちらをご参照ください。

特定の個人の都合で、解散、移転、財産処分等ができなく監視され、信者の物心ともに利益を守ることができます。

墓地運営や、納骨等運営などができるようになります。

デメリット

宗教法人法に基づいた規則を作成し、その規則に沿った運営をしなくてはいけません。

 自由に移転、財産処分、増改築、財物の購入等ができなくなります。

信者の育成を行い、その記録を残していく必要があります。

信者名簿。寄付明細、収支予算・収支明細、議事録等、保存すべき帳簿が多くあります。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. 相談希望オフィス
  2. #送信ボタンは、1回だけクリックしてください#
 

宗教法人TOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談