チームワークの上手い人

鈴木です。

仕事において、チームワークの重要性は増している。

周りとうまく連携しようと努力しているにも関わらず、

チームワークが上手い人と下手な人がいる。

 

じっくり観察していると、基本的な思考に4タイプあることが分かった。

分かりやすく、最小の2名チームで考えると、

 

①     自分が怒られないようにする

②     自分がやるべきことをする

③     相手を怒らせないようにする

④     相手が喜ぶことをする

 

タイプごとに、名称を付けると、以下のようになる。

 

①     自分が怒られないようにする→自己中心、抑制タイプ

②     自分がやるべきことをする →自己中心、行動タイプ

③     相手を怒らせないようにする→相手中心、抑制タイプ

④     相手が喜ぶことをする   →相手中心、行動タイプ

 

<自己中心、抑制タイプ>

行動量が少なくなり、迷惑はかけないが、役にも立たないという人になりがちだ。

 

<自己中心、行動タイプ>

自分の価値観で行動するので、良かれと思ってやったとしても、

相手にとって迷惑になることがある。

また、その評価を真摯に受け取れないことがある。

 

<相手中心、抑制タイプ>

相手の心情を推し量ることに注力しすぎて、行動が遅れる。

行動量が少ない割に、ストレスが大きい。

 

<相手中心、行動タイプ>

行動量が多くなり、相手の満足度が高くなる。想像力が必要で難易度が高い。

社会人のチームワークでは、このタイプが、最適だと考える。

 

 

一方、私たちは、子供の頃から、こんな教えを受けている。

 

「他人に迷惑をかけないように」(相手中心、抑制タイプ)

「自分が嫌なことは、友達にしない!」(自己中心、抑制タイプ)

「一日一善」「人には親切に」(自己中心、行動タイプ)

 

大学生や社会人になったら、

「その人が喜ぶことを想像してみて、それをしなさい」

と教えることも必要だと思う。

 

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 鈴木徹司   パーマリンク

コメントは受け付けていません。