カテゴリー別アーカイブ: 赤峰 なな子

「生きもの」のような法律

こんにちは。
新宿オフィスの赤峰です。

突然ですが、みなさん法律についてどんなイメージを持っていますか?
私は法学部出身であるにも関わらず、
学生時代は「とっつきづらく難しいもの」と感じていました(;^_^A

SGに入り、法令調査等の業務を通して多くの法律に触れた現在では、
法律は「生きもの」のようだと感じています。

一見なんの関係もなさそうな法律が、実は複雑に関係している、
一見なんの関係もなさそうな法改正が、実は同じ目的を持って行っている等
相互に影響し合っていることが、非常に多いです。

また、普通に生活しているとあまり気づきにくいですが、
想像絶する数の法改正が日々発生しています。
社会の状況や今後の日本の社会の方針等に合わせて、次々と法律は変化しているのです!

様々な法律や改正の関係性に注目してみることや、
法改正の内容から今後の日本社会の方向性を予想してみることで、
法律に親しみを持てるかもしれませんね!

意思をもって行動する

こんにちは。
新宿オフィスの赤峰です。

SGに正式入社して3ヶ月が経ちました。
社会人になってから、日々がとてつもないスピードで過ぎて行きます。
ぼーっとしているといつの間にか、おばあさんになってしまいそうで怖いです。

そうならないためには、仕事、プライベート問わず意思を持って行動することが大切です。
その場の疲れや怠惰に流され続けていると、自分が本当にしたいことに一生取り組むことができず、いつの間にか年を取ってしまいます。

本当は業績を伸ばしたいのに、日々の忙しさに流されて受任促進に取り組めていない。
本当は趣味の創作活動に打ち込みたかったのに、疲れていて何もしなかった。

こんなこと、ありませんか?

自分に優しくすることももちろん大切ですが、疲れや怠惰に流されないために、
自分の最期を想像するのは1つの手だと思います。
人生を顧みた時に、意思を持って行動し続けたのであれば、失敗が多かったとしても豊かで
彩りのある人生だったと思えるはずです。

 

株式投資と仕事は似ている?

こんにちは。
新宿オフィスの赤峰です。

最近、老後の資金を確保するために株式投資を始めました。

株式投資を始めるにあたり、何冊も本を読んだのですが、どの本にも共通しているセオリーに気付きました。
それは、「値動きで一喜一憂せずに、同じ銘柄を長期保有すること」です。

途中、価格の大きな上下があったとしても、少しずつ上昇していれば、数十年後には、購入時よりも株式の価値は高まっているはずです。

仕事にも似ているところがあるな、と思います。
ここぞと言うところでチャンスを逃してしまうときもあれば、大きな案件を成功させて周りから賞賛されるときもあるでしょう。
そんなときに、いちいち落ち込んだり、有頂天になるべきではないです。
仕事には良い時も悪い時もあるのが当たり前だからです。

うまく行ったならその理由を、失敗したならその原因を、感情的にならずに冷静に分析しましょう。

波があったとしても少しずつ成長を重ねて、最後には大きな成果を残せるはずです。

目的を考える

こんにちは!
新宿オフィスの赤峰です。

9月からの内定者インターンを経て
4月1日より正式入社しました。

今日は内定者インターン時に学んだ「目的を考える」ということについて
共有しようと思います。

皆さんは仕事に取り掛かるとき、まず最初に何を考えますか?
私は以下の3点から、まず最初に「目的を考える」ことをおすすめします。

①自分の仕事が何に役立つのか具体的にイメージ可能となる
②業務の中での最重要事項を意識することができる
③効率的な取り組み方を考え、実践することができる

仕事で成果を出すために、「目的を考える」ことは最早必要不可欠です。
また、楽しん仕事に取り組むことにもつながるはずです。

取引先がどういう会社なのか、どうして自分はこの仕事を依頼されたのか等
目的を考えるためのエッセンスはたくさんあります。

皆さんもためしてみてください。