カテゴリー別アーカイブ: 達知 瑚都海

ピンチにワクワクしていますか?

こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

6月も本日で最終日となりましたが、
この一ヶ月、皆さんはどのように仕事をされてきましたか?

コロナという見えない敵に怯えながらも、
自分の生活のために必死に働いた方もいるかもしれません。

私は、この一ヶ月毎日ワクワクしながら仕事をしてきました。
今までやってこなかった業務に挑戦できたこともありますが、
理由は大きく二つあると思います。

一つは、月初に鈴木さんが名古屋にいらっしゃったときの研修です。
私たちSGは、コロナやその他不安の被害者として仕事をするのではなく、
それらで困っている人を助ける役割があると。

理念にもある通り、私たちは皆さんや社会をリードする役割を担っていますが、
では具体的にどんなことをすれば良いのか、考えられてなかったと思います。

関係するお客さんの困っていることを自分事として受け止めたり、
少しでもお客様の未来が明るい方向に向くように考え、提案したり。
常にお客さんにワクワクが届くように仕事をしてきました。

もう一つは、自分で自分の役割を見出すということです。
目の前の与えられた仕事をするだけではなく、自分でやりたい仕事をもらいに行く。
先輩やチームの課題を見つけて、自分なら何ができるか考え、提案する。
どうしても思いつかないなら、求められていることを把握し、
その期待を越えられるように努力する。

この一ヶ月、正直コロナのことはほとんど忘れていたと思います。
それくらい仕事に貪欲で、非常に充実した1ヶ月でした。

この1ヶ月は、まだまだ助走に過ぎません。
早く先輩に追いつき、追い抜き、会社からも社会からも必要とされる存在を目指します。

ピンチをチャンスに、ピンチをワクワクできるように頑張っていきます。

ピンチをチャンスに変えるサポートを

こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

新型コロナウィルスが流行し始めてから、約5ヶ月が経とうとしています。
少しずつ制限も緩和され、普段の暮らしが戻り始めている中
改めて「普通」がすごい物だと感じます。

働く環境があり、夢中になる仕事があること。
一緒に話し合える仲間がいること。
自分が健康でいられること。

私は、誰かの新しい一歩を一番近くでお手伝いしたいと思い
SGに入社しました。

当時は、このような状況になるとは考えてはいませんでしたが
この苦しい状況の今こそ、自分にできる精一杯のサポートをしたいです。

よく聞く言葉ですが、正しく「ピンチこそチャンス」。
SGに依頼したことで、ピンチがチャンスに、
チャンスが大チャンスに変えられるように、取り組んでいきます。

2年目を迎えて

こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

SGに入社して2年目を迎えました。
1年目は本当にあっという間の一年で、
目の前のことに精一杯で、時には失敗もあり、
周りの先輩にたくさん助けてもらいました。

そんな激動の社会人1年目でしたが、
私は2つの目標を立てていました。

「自分のための目標」と「みんなのための目標」です。

新人のうちは、どんなに一生懸命頑張っても
長年やっている先輩に追いつくことは難しいです。

ただ、同じチームで一緒に同じ問題を解決することはできます。

そのチャンスをもらうためには、
今自分ができる小さなことを
みんなのために一生懸命やることが大事です。

今年入社された皆さん、
色々な目標を考えられているかと思いますが、
是非「みんなのための目標」も掲げてみてください。

ちなみに、私の2年目の目標は
「今まで自分がやったことのない分野を探求し、その基礎をつくること」と
「後輩がしっかり実力発揮できるようにリードすること」です。

いよいよ先輩です。頑張ります!

自分に求められているレベルを的確に把握する

こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

SGは若い社員も先輩に負けずと活躍していますが
入社したばかりの新入社員や社歴が浅いメンバーは、
仕事をすればするほど先輩と自分の差をひしひしと感じ、
消化不良になることもあると思います。

私自身も、この1年を通して学生の自分とは全然違う、
成長できているかもと自信を得るとともに
先輩と自分の差がかなりあることを痛感しました。

SGでは一つの案件が終了する際、自分の対応を振り返る機会が設けられていますが
社歴の若い社員ほど、今後の課題を考えると、知識のなさに目がいきがちで、
自分がクライアントにできることは
つい「知識量を増やす」とか「プロに一刻でも早く近づく」とか考えがちです。

それはもちろん悪い目標ではないのですが、
今の自分からすると少々抽象的で具体的な行動指針が立てづらい目標だと感じます。

社歴の若いメンバーこそ、今の自分に求められているレベルを再確認する必要があります。

実際、先輩に聞いてみると、
今の自分に少し+αしたくらいのレベルの自分に求められていることが多いので、
まずは今の自分が短期集中でクリアできる目標を見定めて、確実に成長することも大切です。

目の前に見たことのない種が!あなたはどうする?

幼い頃、公園に行って何か見たことない種があったら
ついつい拾っちゃう。
私は、何でも珍しいものを拾って家に帰っては
戻してきなさいと叱られることもありました。

ただ、大人になった今は、
きっと目の前に変わったものがあれば
「見たことないな、危なそう。避けよう。」となります。

もちろん、実際道端で変なものを見つけたら上記の対応で正解かもしれませんが、
仕事の上ではどうでしょうか。

SGでは、お客様に何かお困りごとはないか
常に考え、相談に乗り、提案しています。
その悩みは、たまに全社的にも珍しいことで、
最初はSGにとって利益が少ない物かもしれません。

でも、その中でいかにSGにとってもWINな部分を見つけるか、
目先の利益だけに囚われないようにしていくことが大切です。

人が面倒だなと思うこと、後回しにしがちなことこそ
他の人が気づかなかった「拾うべき種」であって、
それは後に人がうらやましいと思うような「見たことのない種」になるかもしれません。
人が気付けないことに、気付ける人になりたいですね。

    周囲の変化を見逃さぬ年に

    新年、あけましておめでとうございます。
    名古屋オフィスの達知です。 

    いよいよオリンピックイヤーの2020年となり、
    時が経つのは早いなあと思いますが、
    みなさんは今年の目標は決めましたか? 

    私はこの年末年始の休暇に福岡へ行き、
    神社・仏閣巡りをしてきました。 

    毎年恒例のおみくじは、太宰府天満宮で引いたのですが
    「周囲の変化を見逃さぬよう、見通しをしっかり立てるように」との言葉が。 

    昨年は、SGに入社し自分のことで精一杯になるときが多かったかと思います。
    一生懸命全体を見なきゃ、と思いつつも、社会人レベルとしてはまだまだかな、、、と。 

    ですので、2020年は
    ●チームの小さな変化に敏感になること
    ●小さな変化が仮にピンチだったとしても、どうしたらチャンスになるか考えること
    を大きな目標とし、それに向けた小さな目標や対策を考えて
    取り組んでいきたいと思います! 

    最後に、1/2に大行列だった太宰府天満宮の写真です!

    あと、太宰府境内にいる牛さんの角におみくじがまかれて
    おめかしされていました^^

    本当のワークライフバランスとは?

    こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

    先日、鈴木さんとミリンさんとランチに行きました。
    その中で、「一撃を普通にできるようにすること」
    「本当のワークライフバランス」について教えていただきました。

    SGでは、一撃を常に意識していますが
    これは仕事で活躍できるようになるだけでなく
    自分の私生活でも活かせるということ。

    そして、その一撃を積み重ねることで
    自分の私生活にも余裕ができて、家事も手を抜かず行えたり
    家族との時間も大切にできるということです。

    SGにいる男性陣は、みんな家庭的な方が多いのですが
    その一つの理由が鈴木さんが家庭的な考えだから、
    みんないい影響を受けているのかも?と思いました。

    私も、将来自分のために使える時間も少なくなると思うので
    今から私生活でも一撃を徹底していきます!

    顧客満足度向上のための取り組み①~挨拶・清潔・身だしなみ編~

    こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

    SGでは新しい取り組みとして、全社員対象の朝研修を行っています。
    その中で、私は顧客満足度を上げる理念や手法を学び、SGに応用するための
    「顧客CS」研修に参加しています。

    今回は、名古屋支店での朝研修での取り組みを紹介します!

    名古屋オフィスでは、顧客CSとは?から始まり、
    具体的に顧客満足度の高い会社企業を取り上げ、SGに活かせるところはないか
    考察しています。

    中でも、私が注目したのは
    ホテル業界で顧客満足度がずば抜けて高い「帝国ホテル」です。

    調べていると、帝国ホテルは高い顧客満足度を獲得するために
    9つの実行テーマを掲げ、全社員で取り組んでいることがわかりました。

    〇9つの実行テーマ
    挨拶 清潔 身だしなみ 感謝
    気配り 謙虚 知識 創意 挑戦
    業界は違えど、同じくお客さんを相手にする仕事ですので
    それぞれのテーマを隔週に割り振り、名古屋オフィスをはじめ
    全オフィスに意識してもらえるよう取り組んでいます。

    今月は、①挨拶 ②清潔 ③身だしなみ についてみんなで考えました。
    研修メンバーで、SGでは下記のような具体的行動を提案します^^

    ①挨拶:お客様だけでなく、社内の人間からも気持ちがいいと思われる挨拶を
    ②清潔:一度来たお客様が、もう一度オフィスに足を運びたいと思える環境づくりを
    ③身だしなみ:面談時はジャケットを着用。
    スーツでない方は、隣にスーツ姿の人が並んだ時、マッチする格好を

    是非、皆さんも各支店どんな具体的行動を行うか
    考えてみて実行してみてください。

     

    チームでのプロ意識とは?

    こんにちは。名古屋の達知です。

    「プロ」というと、その道に詳しい専門家という
    “個人”なイメージがありますが
    SGでは、一人一人がプロなことはもちろん、
    その人が属するチームもプロを目指しています。

    プロチームとは、どんなものか?

    例えば、サッカーや野球などでプロチームがありますが、
    ただ自分が勝つことだけにフォーカスしてはいませんよね。

    他の仲間のコンディションを気にかけ、
    チームがいい方向に向けているか確認したり、
    チームの今後を見据えて、時には厳しい言葉をかけたり。
    一人一人が、チームに責任をもっている状態だと思っています。

    これを、社会でのプロチームに置き換えると
    ・上司は、部下が作業的なことだけしていないか確認し、
    考える仕事・責任が伴う仕事をしっかりアサインしているか
    ・新人は、周りの意見にただ頷くのではなく、
    自分の意見を発信できているか
    ・チームで残業している人が固定化していないか、
    していれば自分の力でその人の残業を減らすことはできないか考える
    など、常に「全体最適」な目線を持つことが基本だということがわかります。

    「顧客からは信頼されていて評価も高いけど、
    社内では信頼して仕事を任せてもらえない」
    「自分の成績はいいけど、チームではあまりよくない」。
    上記の状況が、もし身の回りで起きていたら、あなたはプロではありません。

    社内外で対応を変えるのではなく、
    すべてを通してプロの視点を持ち、行動することが自らをプロとして成長させ、
    その積み重ねでプロチームとなるんだろう、と思っています。
    プロチームを作るには、ベテラン新人関係なく取り組む必要があります。

    ぜひ、自分事としてもう一度、
    今自分が属しているチームのことを考えてみてください。

    自分の行動でお客さんの評価が変わる?顧客満足度を上げるポイント

    こんばんは。名古屋オフィスの達知です。

    本日、秋葉原オフィスの汲さんから
    「顧客満足度の向上」について研修を行っていただきました。

    お客さんが、SGに依頼してよかった!と思ってもらえるよう
    私たちは日々業務に励んでいます。

    では、どうすれば「大満足」がもらえるようになるのか?

    【自分がされたことは、絶対にお客さんにしない】ことです。

    私たちは、幼いころから
    「自分が嫌なことは人にしちゃいけないんだよ」と教えられてきましたが
    これは業務にも通ずることです。
    教えてもらったとき、わかっているようでハッとしました。

    具体的に言うと、
    「自分の依頼で、お客さんが会社で困らないか?周りから嫌な風に思われないか?」
    これを考えると非常にわかりやすいです。

    例えば、SGからお客さんに書類を案内します。
    一度案内したときに確認不足で、数回にわたって依頼したら?
    それが会社の人に押印をもらうものなら?忙しい合間に役所に取得に行ってもらうなら?

    その人も困るだけでなく、その人の行動が周りから悪く評価されてしまいます。

    自分がお客さんの立場なら、プロなんだから一回でしっかり案内してよ、
    となると思います。

    顧客満足度を上げるというと難しくとらえがちですが、
    普段私たちが周りの人と関係を良好に築くためのポイントと変わりません。

    ぜひ、今後お客さんにメールを送るときや、書類を案内するときは
    「自分がされたらどうか?」を考えて行動してみてください。
    きっと小さな積み重ねが、お客さんの心にも届くと思います!

    同情≠共感

    チームが正常稼働できるか、いい波に乗っていけるかは
    「仲間にどんな風に声掛けするか」がキーになります。

    先日は、鈴木さんから「リードとミスリード」についてお話しいただきました。

    例えば業績がいまいちだった時、ミスしてしまった時、
    みなさんはどんな声掛けをされますか?

    落ち込んでいる後輩がかわいそうだから「気にしなくていいよ。や 仕方ないよね。」
    という言葉をかけがちですが、これはただの同情でミスリードとなります。

    最初に共感して、後からリードしていくスタイルもありますが
    最初に弱いところに同情すると、後々発言を覆すのが難しくなり
    結果的に悪循環を生むことが多いです。

    ですので、
    同情には一定のリスクがあること
    同情≠共感 を念頭に置き、

    対立するのではなく、あくまで相談相手をリードするつもりで
    解決策を提示するのではなく、考えを深めさせ、一緒にそれを見つけ出せるような
    声掛けをチームにしてみてください。

    少し実践してみたら思っていたより難しかったので
    皆さんも少しずつ試してみてください。

    プロやリーダーを育成するための新人育成

    こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

    いきなりですが、みなさんは「新人育成」というとどんなイメージがありますか?

    SGは、「世界的リーダーを創出する」ことを理念に挙げています。
    そのため、新人もプロとして仕事ができるように、
    将来SGのリーダーになってもらえるような新人育成を行っています。

    特に、
    ①後に好循環になるような業務への取り組み姿勢
    ②最適な人から指導を行う
    ③ライン外から認められるようになる
     の3点を重要視しています。

    例えばSGでは、内定してから入社までの期間に「内定者インターン」があります。

    この際も、一般的な会社だと「作業」 (翻訳業務や書類作成、郵送請求など)から
    始めるケースが多いですが、SGでは「管理や企画、業務の改善」などに取り組んでもらいます。

    「作業」は、目の前のことを確実にこなしていくだけですので、頭を使いません。
    もし評価されたとしても「結果」に対しての褒めなので、同じ業務の上司にしか頑張りはわからず、今後、他の業務の先輩から頼りにされるか?と言えば、微妙なところです。
    また、頼りにされず仕事がもらえなければ自分のモチベーションもダウンしてしまいますよね。

    ですが、後者の「管理や企画、業務の改善」は、常に頭を使う業務です。
    決まった正解はないので、評価される際はその人の「プロセス」が評価されます。
    この場合は、その後どんな業務を任されたとしても、同じように最適な行動を模索できるので
    周りの社員からは頼りにされるようになっていきます。

    そして、たとえ失敗してしまったとしても、自分の「できない」を発見できています。
    それをSGでは、失敗ではなく成功と捉えています。
    自分の「できない」を見つけ、今後一つずつ「できる」に変えていくための大切なプロセスだからです。

    これから、新人を育成していこうと思っているSGメンバーをはじめ、
    現在教育を受けている新人のみなさん。
    そして、これからSGの一員になりたい!と思っている皆さんも、
    「プロになるためには(育てるには)どうすればいいのか」を、
    自分なりに考えながら行動してみてください。

    お陰様の気持ちを忘れずに

    こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

    2019年も半年が過ぎようとしていますが、
    皆さんはこの半年どんな変化がありましたか?

    私は、SGに入社して少しずつできる仕事も増え、
    任せてもらえる業務の範囲も広がってきました。

    今後は、この半年の倍以上自分で出来ることを増やして
    私に任せて大丈夫。むしろ任せたい!と先輩から指名を受ける事が目標です。

    では、どうしたら自分より仕事が出来る先輩たちから信頼を得られるか?

    それは日々の姿勢にあると考えています。

    先日、代表の鈴木さんと話した中で
    「ルールはどこにでもあるし、守るのは当たり前。だけど、そのルールに+αできるかが大事だ」
    ということを教えて頂きました。

    +αって具体的にどんなことか考えてみると、
    例えば、お休みをする時。
    ただお休みもらいます。ではなく、
    「引き継ぎは○○さんにお願いします。このお休み分は○曜日出勤時にやり切ります!」とか、
    お休みしてすみませんでした。ではなく、
    「お休みの間、サポートしてくれてありがとうございました!助かりました!」など。

    SGには、お陰様の心を大切にするという考えがあります。
    私はこの考えがとっても好きで、
    仕事をする中でも私自身この気持ちを忘れずにいたいと思っています。

    上記のようなプラス思考な発言は、自分も周りも気持ちよくなりますし、
    何よりまた一緒に仕事がしたいと思われませんか?
    信頼は、もちろん偉業を成し遂げることや数字を上げることでも得られますが
    それだけではなくこういう小さな気遣いの積み重ねで
    築くことができます。

    2019年の残り半年、是非皆さんも
    「周りの人がどんな気持ちになるか」を考えながら
    行動・発言してみてください。

    鈴木さんが名古屋に来てくださったので、名古屋メンバーでランチをしに行きました!

    人に伝えるメモ術

    こんにちは。名古屋オフィスの達知です。

    「令和」となって早1ヶ月。あっという間ですね。
    今回は、私が名古屋メンバーによく評価してもらえる「メモ術」についてお話します。

    メモは、覚え書きに変わりないのですが、①自分が覚えるためのメモ か②人に伝えるためのメモ の2種類があります。

    ①自分のためのメモ の目的は、新しい業務をきちんと覚えることですから、自分がわかればどんな書き方でもOKですし、綺麗にまとめることを目標にしてはいけないので、時間をかけないほうが良いです。
    ただ、②人に伝えるためのメモ はどうでしょう。例えば、新人に限らず毎日何件もの電話対応をしますが、その取り次ぎメモはどのように書いていますか?

    内容によって付箋の大きさや、文字色を変えます

    私は、②の場合マイルールを元にメモを取っています。

    必ずメモする項目としては、
    ・誰に対応してほしいか
    ・電話がかかってきた日付/時間
    ・相手の属性
    ・相手が電話をかけてきた理由
    ・CB必要かどうか
    ・電話番号
    ・受け取った人の名前(自分の名前)
    です。

    大体書く内容は想像できると思いますが、
    私は「相手の属性」を書くことがポイントだと思っています。

    例えば、初めて電話してきてくれたお客様で、相談内容は会社設立について教えてほしい場合。
    私は、「新規/会社設立」と単語を書き、四角で囲います。その他、急ぎの場合は「至急!」、相手の都合が決まっている場合は「16-18時CB可」などです。
    そして、特に大切な見落としてほしくないところはマーカーを引きます。

    SGに限らず、先輩はメモを見る時間も惜しいほど忙しいです。そんな先輩が、一目見ただけで既存のスケジュールのどこでCBするか、判断できます。

    また、相手の属性や内容を簡潔に書くことで、先輩がお客様にCBする前に、相手の知りたいことを予め調べ直すことも出来ますし、CB時にはそれを活かしてよりグリップを強められます。

    お客様と直接会ったり、深くやりとりするのは先輩です。しかしお客様からすれば、対応する先輩も電話に出た新人もみんなが会社のイメージになります。
    CBをする先輩が少しでもいい状態で会話をスタートできるように、メモの残し方ひとつから工夫してみるといいかもしれません。

    個性を紡ぐ

    名古屋オフィスの達知(たち)です。
    現在、帰化と事業認定の業務に携わっています。

    今年の春は、暖かい日が続いたことで桜が長く楽しめましたね!

    春といえば出会いや別れの季節でもありますが、
    先日、名古屋オフィスメンバーと、代表の鈴木さん、東京の名取さん、李さんに
    歓送迎会をひらいていただきました。
    その中で「個性」についてブレストする機会があったので、今回はそのお話をします。

    「個性」と言われると、どんなイメージがあるでしょうか。
    私は「人と違った何か」と捉えていました。
    そのため、就職活動中は人と違う秀でた部分が見つけられない!
    と非常に焦っており、実はSGでインターンを始めてからも悩んでいました。

    というのも、SGは個性を尊重する会社で皆さんそれぞれカラーがあります。
    そんな先輩が活躍する姿を間近で見た時、
    自分はこのカラーを見つけられるのか、不安だったんです。

    個性を自分で見つけ出す難しさとして
    完全に自分を客観視できないこともありますが、
    当時の私は無理に個性をみつけよう、人と違ったことをしなきゃと
    気合を入れていたのが悩みを倍増させていました。

    よく考えれば、人と違うことをしようと思う時点で
    周りに左右されて自分を見失っていますよね。
    これじゃ、いつまでたっても個性なんて見つけられないなあ、とやっと気が付きました。

    ここにたどり着くまでに散々悩んだ結果、
    現在の私は「個性は、日常の中で自然と一つ一つ紡がれていくもの」だと考えています。

    先程も言った通り、SGは様々な個性を持ったかっこいい先輩がたくさんいます。
    今後は、そんな周りの環境にも刺激をうけながら
    自ら考え、行動することで私の「個性」を見つけ出していきたいです。