カテゴリー別アーカイブ: 中山祐輔

社内営業の重要性を実感

社内営業という言葉があります。

社内で自分の意志や意見を通すため、周りのステークスフォルダーとコミュニケーションをとる事です。まぁ、悪くいってしまえばロビー活動というやつですね。

日本人の弱い所というイメージが強いところです。
オリンピックで勝ち続けるとルールを変えられるとかから始まり、
福利厚生を会社頼みにするところなどはその典型でしょうか。

高度経済成長期、役所が振った旗印に、軍隊的組織力追随することで勝ってきた文化がある日本にはなかなか個人が意志を通すために活動するということは、どこか受け入れ難いものかもしれませんね。

しかし、会社を良くしたい、チームをよくしたい、自分の力をもっと生かすためには「社内営業」が一番必要なのでしょう。イノベーションないしは企画には常に社内営業が必要です(衰退期にある会社にイノベーションが起きないのはこのせいだというのがイノベーションのジレンマです)。それが生産性を求められる現代社会人の一番重要なスキルだと思います。

社内営業にもトップなのかボトムなのかによっていろいろ違いますが、経企として実感するのは、「あくまで仲間である」という甘えを如何に乗り越えるか、ということです。

社内にツールを導入する時「これいいものだからみんなぜひ使って!」あるいはトップであれば「とりあえずみんな使え」となりがちです。

社内だから皆から協力が来ると思いがちだし、トップであれば強制力も利かせやすいというのは事実だと思います。

しかしそれではうまくいかない。なぜならば。

外のお客様にそんな営業方法使いますか?という話なのです。

「これいいものだから買って」なんてのはガラケーがIPhoneに駆逐された前例を見れば、愚かな営業方法であることは疑うまでもありません。もちろんお客さんに「これ使え!」なんて、まっとうな仕事ではないですよね。

ではどうするか?外部の営業と同じ手法を用いて社内営業もやるしかありません。

ツールの導入であれば
・誰ならニーズを持ち使えるだろう(ペルソナ)
・どういう流れで導入してもらえるかな(ストーリーテリング)
・利用を拡大するための成功例はどう作るのか(カスタマーサクセス)
これぐらいはしっかり考えておかないと話になりません。

経企としてみんなが協力してくれて当たり前、というのはお客様が理解してくれて当たり前みたいな甘えであって、この辺をきっちり改善していかなくてはならないなと最近実感します。

営業として「なんでわかってくれないんだ」と嘆くのは、最低な行為ですもんね。

【19入社へ】SGでの成功と失敗。これから

こんにちは!
秋葉原の中山です。

SGに入社して半年が過ぎました。
ドローン・金融・著作権などの担当を持ち、
業務の半分は経営企画部として活動しています。

SGの中でも指折りの高難度業務と、
経営企画という業務ではなく戦略に携わらせて頂いています。

10月はSGで活躍しているメンバーが19入社の皆様へ、
どうやって成果を出してきたのかをテーマにブログを書いています。

成功体験・・・といって、たかが半年程度で成功も何もないのですが、
経企としてみんなにバリューを提供できるような立ち位置にいれるのは、
一つの成果かとは思っております。

自分の成功や自分の数字が上がることよりも、
みんなが成功し、全体の数字が上がることの喜びの方が遙かに大きい。
なので経営企画に関われることはとても嬉しいのです。

で、成功体験ですが・・・常に念頭に置いていたのは全体最適。

どうするのが、自分、ではなく、相手に全体にとってよいのかを考え行動すると言うことです。

例えばSGは毎日日報を送るのですが、そこには自由記述欄があります。
そこで「今日こんなことをやりました」「こういう成長しました」という自分最適のことを書くのではなく、
「明日から使えるITのTips」や「みんなが困っていることの解決方法」などを発信する、ということです。

日報は日常業務の些細な物で、みんな目は通しますが、
さして中身はないので、さっと目を通すだけです。
さっと目を通す中に役に立つ情報が入っていたら、どうでしょう?
いつもの惰性的にこなしている日報に目を通す機会が、
価値ある情報に出会う機会に変わるわけです。

これは一例ですが、結局、
日報のような業務を日々のただのタスク、義務と捉えるか、
それともみんなにバリューを届けられるチャンスと捉えるか、
ポイントはそこだと思うのです。

親やパートナーの誕生日をプレゼントを渡さなくてはいけない日と捉えるか、
あるいは感謝を伝える絶好のありがたい日であると認識するか。

結局そこなのかな、と。

日々の業務は大変です。
そして評価されない仕事は、なおのこと軽視しがちです。

しかし、評価されない仕事ほど、
もっとも評価を分ける仕事であることを、
これからSGに入社される皆様には、
分かってもらえたら嬉しいなーと思います。

大変、ですけどね。
ホントに相手にバリューを届けようと思ったら、相応の準備がいるので。
それを仕事以外で、そして評価テーブルのないなかでやるのですから。

でも、ポイントはそこなのです。

私の成功体験でした。

【18から新人に送るメッセージ】コンサルタント力

こんにちは!

秋葉原オフィスの経営企画部の中山です。

SGもそろそろ19卒の内定者インターンが始まり、18入社はもう新人とは呼ばれなくなります。
そこで!
19卒である新しい新人に、これまで半年から1年SGで過ごして、それぞれ成長したことをこれまでの新人である18入社から伝えてもらおうと言うわけです。

SGで成長したこと~18から新人へ~

先輩になればこれからメッセージを伝えなければいけないことも増えてきます。
そして身近な先輩というのが一番影響力を持つ以上、18入社である我々の言葉は19入社の新人のキャリアのスタートに直接関係してくるのです。

だから本当に善いメッセージを伝えられるようになりたいものですね。
18入社として実感しますが・・・キャリアの最初の1年ほど、仕事という人生の中で一番大事な時間もないのですから。

さて、成長したこと、です。

コンサル力が上がった。それは・・・

私は2018年3月に入社し、本稿時点で入社7ヶ月になりました。
メールの書き方が上手くなったとか、多くの案件を管理できるようになったとか、まぁそういう小手先の成長はありますが、それらをまとめて一番成長したことを言うと「コンサル力」が上がった、ということでしょうか。

お客さんとの付き合いの中で「相手の疑問の箱を見つけ、そこを淡々と埋めていく」という能力は、増野さんなどのSGのエース先輩方の面談に同席させていただき、多くを学ぶことができました。

そして同時に経営企画部として予実管理や新規企画、業務改善をするなかで「相手のニーズを見つけ、それを地道に解決していく」という能力を実践で磨くことができているように思います。

これまで大枠の企画(大学生の授業の課題とかインターンとかでやるようなやつですね)はいろいろ経験してきましたが、本当に現場に入ってちいさな改善を自らの手で地道に地道に実践していく・・・そうしたことは妥協のない組織の中にいないと経験できません。

そう、企画をするよりも実践する事の方が何倍も難しい。

目端を利かせ、顔色をうかがい、言いたくないこと、やりたくないことを、粛々とそれでも続けていく。キレーにスパッと戦略を立てるだけでなく、泥臭くそれを実現していく・・・。

そうした力が以前よりついたように思います。

一般のコンサル力ではなく、もっと泥臭い力が必要だ

コンサルタント出身は使えない・・・あるスタートアップ(USABASE)の役員が言っていました。

「横から口を出すことはできても泥臭く当事者意識を持ってプロジェクトを進める力がない」

「スタートアップに必要なのは短期でプロジェクトを回す力と、長期目標をぶれることなく見据え続ける力、両方の力を持った人材だ。コンサルタントはその両方を持っていない」

SGの仕事はコンサルタントである以上、ややもするとこの批判を真っ向から受けることになりかねません。先生業であり、ビジネスそのものに係わらない。事業者のを横から手助けすることが仕事・・・。しかし今後のSGのビジネスの可能性は、そのレベル感にとどまらず、許可をとることでビジネスを可能にし、そしてそこにビジネスの可能性があること自体を気づいてもらうことまで広げていきたい。

そのためにはもっともっとお客様のビジネスの中に入っていき、そこに決定的なバリューを出せるようになっていきたい。

この7ヶ月間でその一歩となるようなコンサル力はつけてこれた気もします。

もっとクリティカルに最短距離で、そして泥臭く、やっていきます。

仕事を離れよ、町に出よう!不満を提案に変えるために。

不満を提案に変える、不満を言わない・聞かない

SGにはこのような社是があります。

これは別に不満を抱くな、ということではありません。
不満はバンバン感じるべきです。不満を感じない人からは改善が生まれようがありません。
現状でいいやとなったり、不満を抱くこと自体を悪いことだと自分を洗脳したり・・・
そういうことをすると、提案どころかどんどん現状は悪くなっていくだけです。

不満は積極的に抱くべきです。
どんどん不満を感じていきましょう!

で、問題は。
その抱いた不満をどうするか。

それをグチグチと自分の中でネチャネチャドロドロさせて、
たいした意味もなく周りに言ったりするのは、単にマイナスのことです。
SGでは減点です。

不満を不満として外に出してはいけません。
自分も周りも不幸になります。

じゃあ、どうする。

口から出すときは提案にするのです。

不満を抱いている原因をじっくり考え、そしてそれをどうすれば改善できるか検討し、提案する。
SGではそういう人を評価し、応援します。

とはいえ・・・
提案にするのは難しい物です。
人生も仕事もどうしようもないことが多い物。
どうにも理不尽だったり自分にはどうにもならないこともあります。

それを不満として抱えていると、心がドロドロ、ドロドロ。
やがて潰れて、そして諦めてしまいます。

どうにも解決できない不満があって、心がウツウツドロドロしているなら、
仕事を離れて、町に出ましょう!
本ではなく仕事、あるいはこれまでの自分を捨てて、世界を広げるために町に出て行きましょう。

今の自分ではこの不満は提案にできない・・・そういう時は、町に出て、イベントやらセミナーに行って、全く自分の知らない世界を経験してみるしかありません。
そうして自分の器を大きくすることしか、どうしようもない不満を乗り越える方法はないんです。

何かストレス、不満でどうしようもないことを抱えていませんか?
悩んでもたいした意味はありません。誰かを責めたり、それを口に出しても別に解決しません。
あなたの人間としての格が、SGでは評価が下がるだけです。

今の自分では提案に変えられない不満は、
仕事を離れて、町に出て、そして大きくなった自分で解決するしかないんです。

さぁ、町に出ましょう!

不満を提案に変えるには

こんにちは!
経営企画部の中山です。

 

写真は経企で現状分析をしたもの。

 

SGの社訓に

【不満は提案に変える】

というのがあります。

ただ、これほど難しいこともないのだ、と経営企画部業務をしていて思います。
みんないろいろ想いがあり、変えたい思いもあり、日々の竜巻のような仕事もあり、バタバタしたプライベートがあり・・・。

不満を提案に変えるにはパワーがいるんですね。そのパワーはなかなか慌ただしい中だとたんなる不満のまま残ってしまう。

思うに不満を提案に変えられないのはもちろん本人の精神的な問題もありますが、組織の体制や雰囲気、そういった外的要因も大きいと思います。

精神的な問題としては、まず「すべては自分が変えられる」と思うことでしょうか?
仕事のちょっとした導線も、自分の出処進退・去就のすべても、コンビニのパンの値段も、税金の価格も、自分のキャリアや人生そのものも。全部、すべて自分が変えられると思うことでしょう。コンビニのパンの値段が気に入らないなら、スーパーに行けばいいし、税金が高くて気に入らないなら外国に行けばいいだけの話なんですから。

まぁとはいえ、そりゃ変えられないものばかりですが・・・。

ただ「すべて変えられる」は裏を返すと、「すべてのことは全部自分の責任」だということ。その不満が全部自分のせいだとしたら、なんとか提案していくしかないでしょう?

なんか無駄だな、面倒だな、なんでこんなことで怒られなくちゃ行けないの・・・。というのは、どうにも他責で上司だとか同僚だとか配偶者だとか、ともかく周りの人間のせいにしているからでてしまうんですね。結局、組織の評価も、行政の対応も、奥さんの連れない態度も全部自分の責任なのは事実なので、そこに目を向けられたらいいですね。それが提案にかえるエネルギーになります。

ま、そうはいっても人間そんなことできれば苦労しませんけどね・・・。

 

で、そこで重要なのがどういった組織なら、組織の成員に他責をせず、自責で判断し、不満を提案に変えられるのか、ということです。
古今東西あらゆる組織の悩みだといっても過言ではないでしょう。

だからその答えも別に単純で、①提案することが明確に評価され(提案しないとマイナス評価)②提案の実行を組織として支援し③裁量権を自分で獲得していく流れ、があればいいんですね。
とはいえ・・・。

複雑なシステムで成功しているものがあるのなら教えて欲しい。私は試行錯誤を繰り返していて進化してきたシステムなら知っているが。
『まっとうな経済学』ティム・ハーフォード

言うは易し、行うは難しの典型みたいな話ですが、教育や支援制度、実績を積み上げてSGもそういった組織になっていくよう、試行錯誤を繰り返し、進化していけるようなんとかリードしていきたいと思っています。

まぁ、まずは私が不満ではなく提案していかないといけないですね。

Payforwardと恩送りの文化論/朝MTG発表

話をする中山
こんにちは!

経営企画部/金融/ドローン担当の中山です。

サポート行政書士法人では朝の時間を使って各自がアイディアを持ち寄り、いろいろな話をします。今回は私が話した「Payforwardと恩送りの文化論」の話をここでも共有したいとおもいます。

プロフィール 担当
中山
  • 仮想通貨交換業
  • 資金移動業
  • ドローン
  • 著作権保護
  • Payforwardと恩送りの文化論

    恩送りの文化論のホワイトボード

    概ねこちらのホワイトボードの流れで、ところ曰くPayforwardの精神について解説しました。

    そもそもPayrforwardとは英語では「Pay it forward/Pay forward」と使い、実用日本語表現辞典では、以下のような意味になります。

    ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつないでいくことを意味する英語。または、多数の人物が親切の輪を広げていくための運動のこと。アメリカ合衆国などで突発的に一つの場所で行われることが稀にある。ちなみに同一人物にお返しすることはペイバック(pay it back,pay back)というが、これでは2人の間で親切が途切れてしまう上、悪い意味でのお返し(復讐)の意図も含んでしまうことがある。
    ペイイットフォワード 実用日本語表現辞典

    辞書的に正しいかは分かりませんが、日本語訳としては「恩送り」というのが、日本では一般的かと思います。恩返しとは違うんです。

    このペイフォワードの考え方が、いうならば資本主義の精神であり、そしてアメリカやヨーロッパのエリートが理想として持っている考え方なのです。アメリカのセレブはかなり慈善活動に熱心ですよね。実際にどこまで本音かは分かりませんが、お金持ちは寄付すべきというのが、世界のリーダーの考えていることなのです。

    じつはこの感覚はキリスト教の予定説や隣人愛をベースにした考え方で、どうにも日本人には理解できないところがあります。日本人は因果応報的な世界観なので、恩返しはあっても恩送りは普通じゃないですね。ですがSGは世界的なリーダーを生み出す会社。この考えを理解することは、そのためにとても大事なことです。という訳で、どういった経緯でその考えが生まれ、そして現在どのように社会に生きているのかを発表しました。

    代償を求めず、ただ善行を行う。Paybackではなく、Payforward。

    リーダーは部下から何かをもらおうと思って指導していたなら、なんだか器の小さい話ですよね。だからPayforwardの考え方はリーダーの最も重要な要素だと言われます。

    Payforwardに満ちた会社に、SGもなって行けたらいいですね。

    私も微力ながらちいさなPayforwardをしていこうと思います。

    与えることで人に負けない人間になりなさい

    与えることで人に負けない人間になりなさい。
    「伝説の新人」小宮謙一他著,p174

    リクルートで「じゃらん」など14もの雑誌を創刊した倉田学さんの言葉だそうです。なにかの漫画でも「与えられるのが大人だ」といったセリフを見たことがあった気がします。

    与えられる人間が人間の目指す像なのだ、それに気がつかされたのはアメリカ留学中でした。

    それまで何かをしてあげるときには、何か見返りを考えていたように思います。こうしてあげたのだからこういった対応がされるべきだ、とか。お礼の気持ちぐらいもってもらって当然ではないか、とか。

    あるいは何かしてもらったときには、何かを返さなくては”いけない”。そういう気持ちだったように思います。

    いうならば私の善意は「取引、トレード」でした。純粋に何かしてあげたいのではなく、そうしなければ(状況や判断上)いけない、からしていたように思います。日本人は基本的にその感覚なのではないでしょうか。親切にしたいから、ではなく、親切にしなくちゃ行けない・・・。でも、それは何かを与えることでしょうか?

    人に与える、という時、それは金銭を要求するものではありません。同様に何物も返してもらうことを期待しません。もし何か代償を、見返りを期待したとき、それは取引です。その善意は見返りを期待した物なので、購買行動と特に変わらなくなってしまうのです。

    与えることで人に負けない人間になりなさい。

    それはいっぱい偽善のトレードを仕掛けなさい、ということではありません。
    見返りなど気にせず、ただ相手のことを想い、与え続けなさい・・・そういうことなのです。

    アメリカで自分は多くのそういった善意をもらいました。私の手の中にはそうして与えられたものがいっぱい詰まっています。私には義務があります。与えてくれた人に返すことではありません。私もまた多くの人に与えるということです。見返りや報酬や褒めてもらうことや、そんな自分のためのものなしに、ただ誰かのために与え続けること。

    そんな義務があります。だから私は与えることで人に負けない人間になりたいです。
    私ができるすべてをもってSGのステイクホルダー達に与えていくつもりです。

    それが最大の全体最適であることは疑いようもありません。

    与えることは難しいんです。
    どうして自分だけ。
    こんなにしてあげたのに。
    やってあげたんだからさ。
    こんなに与えているのに、どうして・・・

    思うこともあります。でも、より届くよう、頑張っていこうと思います。

    新人合宿2018の写真です!

    こんにちは、経営企画部中山です!

    新人合宿2018「リーダーへの第一歩」の写真を紹介しますね!

    SGの経営理念の一つに「世界的リーダーを創出する」があります。
    今回の研修はその意味で実践的で、かつ厳しい内容でしたが、
    それでもみんなぐいぐいと発言し、活気に溢れた時間を過ごすことができました。

    そんな新人達の輝く姿を見てあげてください!

    新しいSGを、新しい社会を作っていくみんなです!

    人間の器

    Working image of Nakayama 1

    失敗の理由は諸処ありますが、
    結局、自分の器が足りないのだな、ということを最近つくづく思います。

    書類の簡単なミス一つにしても、
    それを補わなければならない相手の目線が抜けている。

    お客様への対応、同僚との日々の会話。
    何か齟齬が起こってしまうのも、相手の心を受け入れる器が足りないから。

    どこかに妥協があって、相手の目線を考える余裕を生む努力を怠って。

    どうにも心が粟立ったり、落ち着かなくなったり、
    相手の怒気につられてしまったり。

    プライベートなことに引っ張られてしまったり、
    疲れで心が弱くなってしまったり。

    その結果、お客様や同僚に対してベストな対応をすることができない。

    また、相手のためを思ってやっているのに、どうにも空回りしたりする。

    それもこれも、自分の器が小さく、自分のことに精一杯で、
    誰かを入れようとするとすぐに溢れてしまうのです。

    お客様やSGの仲間に本当にバリューを提供するために、
    避けようもない自分の器を大きくする必要があると、
    入社して2ヶ月が経ち、自分のままならなさとともに、強く実感します。

    試すことに失敗はない  『仕事は楽しいかね』より

    試すこと、試されることの多いSGの仕事を通じて、
    自分の器を大きくしていこうと思います。

    まぁ、まずは体を鍛えようかな。

    器を広げていきたいですね。

    入社一ヶ月になりました!
    秋葉原オフィスの中山です。

    今日は先日インキュベーターで代表をしている方から伺った話が、心に響いたので共有しますね。

    人間としての器の広さと深さ

    その方によると、人格形成には、二つのベクトルがあると言います。

    つまり「広さ」と「深さ」です。

    そして「深く」は年をとってもできるけど、「広く」は若い内しかできない。年をとるごとにできなくなる、できなくなる人が増えると。

    一つの分野を深めることは仕事を続ける限りそれなりにできますが、様々な分野に広げていくことは心が凝り固まって守りに入り自分のコンフォートゾーンに籠もるようになるとできなくなってしまうんですね。

    だから、若い内は何にも否定しないで、とにかく何でもやった方がいい。ある日突然アフリカに行くぐらいの思い切りを持ったほうがいい。世界中で一見馬鹿なことをやっている人の器のでかさは、驚くほどだ!

    そしてこう、続けました。

    器の大きさは、リーダーに絶対に必要なものだ、と。

    いくら器が深くても、入り口が狭い器では多くの人を支えることはできません。リーダーシップを持つためには、人間としての器がまず広くないといけない・・・リーダーになれる企業とは、メンバーが器を広くすることができる企業なのだろうなと、そう思わされました。

    SGの仕事は、器を広げる機会に最高に恵まれていると思っています。
    行政書士の仕事の種類は、数千から数万。それだけ多くの人が行政書士、ひいてはSGの力を必要としているということです。

    既存の枠にとどまらず、自分の城を飛び出して、新しい挑戦をし続ける・・・そうすることでリーダーの素質を向上させていきたいですね。

    nakayama1