興行ビザ

興行ビザに該当する職業

 以下の職業は、興行ビザに該当する職業の一例です。

下記以外も興行ビザに該当する可能性のある職業もありますので、
詳しくはお問合わせください。
歌手・演奏家

コンサート・ライブからイベント出演、クラブやバー、キャバレーでの継続した活動、

レコーディング、プロモーションビデオ撮影、テレビ番組出演、CM撮影などが該当します。

 

また、歌手や演奏家はジャンルを問いませんので

ロックバンド、ポップ歌手、DJ、ソプラノ歌手、バイオリニスト、

楽団員、ジャズ演奏家なども該当します。

 

ダンサー

コンサート・ライブからイベント出演、クラブやバー、キャバレーでの継続した活動、

プロモーションビデオ撮影、テレビ番組出演、CM撮影などが該当します。

 これまでダンサーと称して興行ビザを取得し、

ホステスとして接客させるという事件が発生して、問題となりました。

そのため、比較的小さな施設であるキャバレーなどで招聘する場合は、特に審査が厳しくなる傾向にあります。

また、ダンスはジャンルを問いませんので

バレエ、社交ダンス、ストリートダンス、モダン・ダンス、サーカスなども該当します。

 

振付師・インストラクター

振付師やインストラクターの場合、自ら興行するわけではありませんが、

「興行ビザ」に該当し得ます。

 

俳優・女優

テレビ番組出演やCM撮影、映画撮影、プロモーション活動などが中心となりますが、

劇場やホール等での演劇やイベント参加も該当します。

 

モデル

スチール撮影、テレビ番組出演やCM撮影などが中心となりますが、

ファッションショーやイベント参加も該当します。

 

スポーツ選手

報酬が発生しない国際大会などに出場する場合は、「興行」ビザではなく、「短期滞在」ビザに該当します。

具体的状況によって、該当するビザは異なりますので、詳細についてはご相談ください。

 

 

芸能人を日本に呼んでイベントや試写会を開催したい!興行ビザの申請ポイント
海外アーティストを呼んで、コンサートを開きたい!興行ビザの申請ポイント

興行ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談