技能ビザ

申請要件


技能ビザを申請するためには、 下記の3点の要件をいずれも満たす必要があります。

1:技能内容に応じた実務経験があること

10年以上の実務経験を要する職業

料理人(タイ料理人を除く)、建築技術者、外国製品の製造・修理工、

貴金属・毛皮加工職人、動物の調教師、掘削調査員
 
5年以上の実務経験を要する職業

 タイ料理人

 
その他の実務経験を要する職務

 【パイロット】

 1,000時間以上の飛行遍歴
 
【スポーツコーチ】
 コーチとして3年以上の実務経験または
 スポーツ選手として国際的な競技会の出場経験があること
 
【ソムリエ】
 5年以上の実務経験があること。さらに、下記のいずれかであること。
 ・競技会において優秀な成績をおさめたこと
 ・国際ソムリエコンクールに出場したこと
 ・国・地方公共団体(外国でも可能)等が認定する資格で
 法務大臣が公示により定めた資格を持っていること

2:日本人と同等以上の報酬を受け取っていること

月額18万円以上の報酬を受け取っていることが必要です。

3:雇用主の安定性およびビザ申請者を雇用する必要があること

まず、雇用先の経営が安定していなければなりません。
雇用の必要性に関しては、ビザ申請者の能力が必要であることを意味します。
また、実際に勤務して、十分な仕事量が確保されていることもポイントとなります。
料理人を海外から呼びたい!技能ビザの要件は?
外国から料理人を技能ビザで呼ぶのは難しいと聞きましたが、本当ですか? ?

技術ビザ

技能ビザTOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談