深夜酒類提供飲食店営業

午前0時から日の出までの間に客に酒類を提供する飲食店を営業する場合、

お店ごとに都道府県公安委員会(管轄の警察署経由)に届出が必要です。

ただし、通常主食として認められる米飯類、パン類、麺類等の食事を提供する飲食店については、除外されます。

営業を営むためには、営業しようとする日の10日前までに届出書の提出が必要です。

禁止地域

都道府県条例で営業を禁止している地域では、基本的に、営業を営むとことはできません。

 

例)

第一種・第二種低層住居専用地域、

第一種・第二種中高層住居専用地域、

第一種・第二種住居地域、準住居地域

 

届出の要件

 

1、お店の構造及び設備が、国家公安委員会で定める基準に適合すること

①:客室の1室の床面積:9.5㎡以上

②:客室の内部に見通しを妨げる設備を設けない

③:善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある

  写真、広告物、装飾その他の設備を設けない

④:客室の出入口に施錠の設備を設けないこと(お店の外に直接通じる出入口は除く)

⑤:店内の照度が20ルクス以下にならないように維持するために

  必要な構造設備を有しないこと

⑥:ダンスの用に供するための構造設備を有しないこと

2、お店内の照度が20ルクス以下にならないようにすること

3、お店周辺に各都道府県の条例で定める数値以上の騒音又は振動を生じさせないこと

 

申請に必要な書類

営業開始届出書

営業の方法

営業時間、18歳未満の従業者使用や客として立入の有無、提供する飲食物・酒類の種類等

平面図
求積図
証明図
音響図
防音設備図
会社の登記事項証明書(法人の場合)
会社定款(法人の場合)
申請者の住民票(法人の場合は全役員)
賃貸契約書の写し(建物の権利を疎明する資料)
飲食店営業許可証の写し

 

※上記はあくまで一例です。都道府県、管轄によって異なってきます。

従業者名簿の作成

深夜における酒類提供飲食店営業のお店には、

お店ごとに従業員名簿を備え、3年間保存しなければなりません。

 

【記載事項例】 

・氏名

・住所

・性別

・生年月日

・本籍

・採用年月日

・退職年月日

・従事する業務

 

旅館業・ホテル業許可:深夜酒類提供飲食店営業の場合|サポート行政書士法人

旅館業に関する申請のことならサポート行政書士法人へ

サポート行政書士法人では、新規で旅館業・ホテル業へ参入される方から、既存の旅館業・ホテル業の皆さまに対して、旅館業営業許可に関する申請サポートや専門性の高いコンサルティングを行っております。

旅館業営業許可は、各保健所が管轄しており、ローカルルールも保健所ごとに存在します。弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

 

旅館業営業許可申請専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。