建設コンサルタント登録

現況報告書提出

現況報告書とは、登録を受けた建設コンサルタント業者が、

毎事業年度終了後4ヶ月以内に提出が義務付けられている書類です。

現況報告書での主なチェック項目は下記の通りになります。

 

書類の種類 主なチェック事項
現況報告書(表紙) 登録している部門ごとに直前1年間に契約した主な契約について5件以内を記載

建設コンサルタント

業務経歴

合計金額は損益計算書のⅠ売上高の完成業務収入の金額と一致しているか
直前1年の収入金額 横の欄の計(部門ごとの人数合計】と縦の欄の計の慶さんが合っているか 
使用人数

うち資格保有者内訳の縦の欄の計算が合っているか

技術管理者 現在登録している内容と合っているか
技術士等一覧表 技術管理者として登録している技術士以外の技術士、一級建築士について記載
財務事項一覧表 貸借対照表・損益計算書と金額が一致しているか
貸借対照表 各合計金額が内訳の合計と合っているか
損益計算書 各合計金額が内訳の合計と合っているか
完成業務原価報告書 完成業務原価は損益計算書の完成業務原価と一致
株主資本変動計算書 前期末残高は前記現況報告書の当期末残高と一致
注記表 株式譲渡制限会社の場合は「2重要な会計方針」及び「5株主資本変動計算書」および「12「その他」を記載(その他の会社については記載要領Ⅰを参照して該当する項目を記載

 

建設コンサルタント登録TOP

  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談