HOME専門サービス太陽光発電等の事業計画認定 > 卒FIT(買取期間満了)
太陽光発電等の事業計画認定

卒FIT(買取期間満了)

卒FITとは?

国は、2009年11月より「余剰電力買取制度」を開始し、

買取期間を原則10年と定め、太陽光発電の普及を進めてきました。
2019年11月以降順次、買取期間が満了となる設備がございます。
この買取期間満了となった設備が、「卒FIT」とされています。
はじめて「卒FIT」を迎える年にかけ、“2019年問題”とも呼ばれています。 

卒FIT後の選択肢

卒FITを迎えられたからと言って太陽光設備が使えなくなるわけではありません。

様々な選択肢があります。

(一例)
①継続して地域指定の電力会社に買い取ってもらう
 卒FIT後も買い取ってもらえますが、買取価格は大幅に下がります。
 卒FITが近づいてきた方は、一度現在契約を結んでいる電力会社の買取価格を
 お調べになることをオススメします。

②少しでも高値で買取してくれる電力会社を探す
 2016年に電力全面自由化を受けて、様々な事業者が電力小売事業に参入しています。
 上記は、地域指定の電力会社と区別するため「新電力」と呼ばれており、
 そのほとんどが余剰電力の買取サービスを行っていますので、
 その中から最も高く買い取ってくれる新電力を探すこともできます。

③蓄電池を増設し、発電した電気をすべて自分の家でする
 上記方法だと、日射時間の少ない時期(夜、雨の日など)も
 蓄電池にためておいた電気を活用できます。
 
 貯蓄量に応じて、家庭内でかかる電気代をすべてまかなえることもありますので、
 ①②より経済的な場合があります。

 また、万が一災害に見舞われ大規模な停電が起こったとしても、
 ご自宅の蓄電池から電力を使用できることから、卒FIT前から蓄電池を増設する方も増えています。
 →10年の買取期間中に、蓄電池等を増設する場合は「変更申請・届出」が必要になります。
 設備の増設をご検討中の方は、一度弊社までお問い合わせください。

卒FITに関するお問い合わせは、弊社専門スタッフまで!

弊社では、卒FITをもうすぐ迎えられるご物件に

どのようなお手続きが必要かご案内させていただきます。
卒FIT設備の変更申請・届出も、多く対応しておりますので
ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください