HOME許認可建設業許可 > 業種の追加
建設業許可

業種の追加

サポート行政書士法人では、建設業許可を取得されている皆様の許可に関する申請を代行しております。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。どのような些細なことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

業種の追加

業種の追加とは、建設業の許可を受けている者が、他の業種の建設業許可を取得することです。 
 
業種追加をするためには、新たに追加する業種について 、経営業務の管理責任者と専任技術者の要件が、満たされていることが必要です。
 
ただし、建設業許可の業種追加をすることで、同一業者で許可日の異なる2つ以上の建設業許可を有することになり、管理が複雑となって更新手数料もそれぞれにかかってしまいます。

そこで、この問題に対処するため、建設業許可の一本化(許可の有効期間の調整)制度が設けられています。
この制度は、建設業許可の更新手続きをする際に、有効期間が残っている他の許可業種についても、同時に許可の更新を行い、以後同一の許可日にするという制度です。
 
一本化の申請時期は、以下の期日までに行う必要があります。
大臣許可 ・・・ 許可の有効期間が満了する日の6ヶ月前まで
知事許可 ・・・ 許可の有効期間が満了する日の30日前まで

 

 

サポート行政書士法人は建設業者の皆様を手続き面・管理面から支援しています

サポート行政書士法人では、新規で建設業許可を取得される事業者様から、既存の建設業業者の皆さまに対して、建設業許可・経営事項審査・入札参加資格登録に関する申請サポートやコンサルティングを行っております。

弊社の担当者は、全国の都道府県で申請実績がございます。ぜひご相談ください。

 

建設業許可専門チーム
専任スタッフが全国の案件を対応しております。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. 相談希望オフィス
  2. ※必須
  3. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

建設業許可TOP

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談