HOMEビザ・帰化 > 永住ビザ

永住ビザ

■永住権申請を行いたいが、要件を満たしているか不安
■自分で永住ビザ申請を行って、不許可になってしまった
■仕事で海外出張が多いが、日本の永住権を取得したい
■家族全員で日本の永住権を申請したい
■オーバーステイ歴があるが、日本の永住許可を申請したい

 

以上のようなお問い合わせをよく頂きます。
当社は、東京・名古屋・大阪にオフィスがあり、
経験と実績の豊富な『永住権申請専門スタッフ』が、
お客様おひとりおひとりのご相談に対応しております。

相談は何度でも無料ですので、まずはお気軽にご連絡下さい!

 

 

■永住ビザとは      ■永住居許可は永遠?  ■申請要件

■申請ポイント      ■必要書類       ■永住ビザ事例集 

■Q&A          ■報酬表

 

弊社にご依頼いただくメリット

 書類作成サポート 永住ビザ申請で提出する理由書は許可を左右する重要な書類になります。

            弊社ではお客様ごとに合わせた理由書を作成させていただいております。

 

 書類確認サポート 書類一式の確認をさせていただいております。

            提出することによって不利になる書類もあるので、

            お客様がより許可に近づけるように申請書類一式確認させていただいでます。

 

 追加書類の対応  申請後追加書類を求められたときも弊社でサポートします。

            追加書類は求められて短期間で提出しなければいけないことが多いのですが、

            そんな時もご安心ください。

 

 ビザ専門チーム  多くの難しい案件で許可を得てきた経験豊富なチームが対応させていただきます。

 

 外国語対応可能  中国語・英語・韓国語・インドネシア語・ベトナム語での対応も可能です。

 

 全国対応     

 

          

 ■永住ビザ申請を行って、「追加資料提出通知書」が入国管理局から届いた方 
追加資料の通知は、不許可になったわけではありません。
追加資料の提出は、スピードが命。
通知書が来た日から1~2週間以内に提出しないといけないケースが多いので、
できる限り早い対応が必要です。
追加資料提出のサポートも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
詳しくはこちら【ビザ追加資料提出サポート】

 ■永住ビザ申請を行って、不許可になった方・再申請を行いたい方 
不許可通知が届いたからといって、
ビザ取得を諦める必要はありません。
何故不許可なのか、その理由を確認・改善して再申請すれば、
許可になる可能性はあります。
当社では、入国管理局への不許可理由確認同行、再申請サポートを行っています。
詳しくはこちら【ビザ不許可理由確認・再申請】

お客様の声

今回8ヶ月間がかかって、

最後永住を許可されて非常に嬉しいです。

最初の説明や途中追加資料対応など

いつも丁重的に対応していただきとても安心です。

今後も知り合いがビザ申請がある時、

紹介させていただきたいと思います。

 

担当者からのコメント (担当:天野)

高度専門職から永住許可申請のご相談でした。

ご家族がいらっしゃいますが、要件を満たす前のため、

お一人で申請をご希望でした。

 

高度専門職から永住許可申請の審査期間は通常より長いですが、

丁寧な追加資料の提出をすることで、無事許可になりました!

ご家族の永住許可が可能な時期についても、

アドバイスさせていただき、思っていたよりも早く申請できることに喜んでいただきました!


名取さん、本当にありがとうございます。2回も不許可になった時の問題を全部洗い出して、全部完璧解決してくれるのは、さすがです。

日本に来てからもう20年以上です。その間、永住ビザを二回も申請したけど、二回とも不許可でした。不許可の原因も分からず、「もう無理か」と思い、絶望な日々でした。昨年年末に、妻のアドバイスで、専門家に依頼することにしました。行政書士さんに「これを用意して」、「あれを用意して」と言われるかもしれないと不安に思いながら、サポート行政書士法人の新宿オフィスを訪ねました。

意外なのは、担当の名取さんは、まずこのような言葉を一切口にせず、先に2回の不許可の原因を細かく分析してくれました。不許可にいたる問題も一個づつ解決できました。書類を出した後てから、2回不許可の記録があったにも関わらず、わずかの5ヶ月だけで永住ビザの許可をいただくことができ、さすがプロです。

(動画でのインタビューもお聞きください)

永住ビザの取得・更新には、理由書の作成が重要になる場合があります

ビザ申請にあたっては申請者ご自身の状況に合わせた適切な理由書を作成することがポイントです。
中国語・英語での対応も可能ですので、日本語が得意でないかたでも安心してご相談下さい。
理由書の作成のみのご依頼も承っております。

永住ビザ理由書(配偶者ビザからの変更)サポート行政書士法人

配偶者ビザから永住ビザへ変更する時の理由書

永住ビザ理由書(就労ビザからの変更)サポート行政書士法人

就労ビザから永住ビザへ変更する時の理由書

永住ビザ申請の流れ

お問い合わせ


永住ビザ申請に関する相談は何度でも無料です。

中国語・英語での相談や、
ご予約頂ければ時間外・土日の相談も可能です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら

ご相談、申込み


現在の状況を確認した上で、永住権申請方針をご説明いたします。
報酬の支払い時期や成功報酬については、担当者とご相談ください。
見積り金額やサービス内容にご納得頂いたうえで、ご依頼いただきます。

書類作成


永住ビザ申請についての必要書類は当社で

収集・作成いたします。
また、中国語・韓国語・英語の書類の翻訳も
当社で行っています。

※別途、証明書等の取得費用(実費)と
翻訳料(1,000円/枚)がご申込者負担となります

入国管理局へ申請


お客様に代わって当社の行政書士が入国管理局へ永住ビザ代行申請を行います。
お客様は入国管理局へ出向くことがなく申請ができます。

許可通知


入国管理局から通知が届き、
その後当社の行政書士が新しい在留カードの
発行手続きに入国管理局へ出向きます。

年収はどれくらいあればいいですか?

 扶養家族なしの場合300万円以上が理想的です。

しかし、300万円に満たなくてもお客様の状況によっては許可が出たケースも多数ありますのでご安心ください。お気軽にお問い合わせください。

年金を払っていないのですか申請できますか?

昨年7月から、永住ビザの審査要綱がかわり、年金についても厳しく審査されるようになりました。

年金も日本に住む人の義務として収めていく必要があります。

交通事故を起こし、罰金を払ったことがあります。申請に影響がありますか?
前科があれば、永住許可を受けられないというわけではありません。
なお、交通違反の反則金は罰金と異なりますので、直接的な影響は無いと思われますが、
短期間に複数の交通違反をしている場合は、審査に影響が出る恐れがあります。

永住ビザ申請を動画で解説

永住ビザの申請で出張や出産で長期出国しても大丈夫?
日本に来て8年・9年の10年未満でも永住ビザ申請できる?
在日本没有呆满10年能申请永住么?

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

お問い合わせいただいた方には、原則、当日または翌営業日にご返信しています。


2営業日以上連絡がない場合は、送信できていない場合があります。
お手数ですが、もう一度、当フォームよりお問い合わせください。

 

なお、お電話でのご相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください!

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

永住ビザTOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談