HOME専門サービス > EPA・FTAによる原産地証明

EPA・FTAによる原産地証明


EPA・FTAとは、幅広い経済関係の強化を目指して,貿易や投資の自由化・円滑化を進める協定です。
 

具体的な内容として、輸出入にかかる関税の撤廃・削減があります。

EPAに基づいて、実際に、日本企業が輸出入にかかる関税の撤廃・削減の適用を受けるために
必要な証明が、特定原産地証明書です。
 

 

EPAでは、2国間でMFNより低い税率を定められることから、
EPAを結んだ国との間では、他国よりも低い税率で輸出入を行うことができます。

日本では、これまで21か国・地域と18のEPA発効済・署名済で、交渉中のEPA相手国を含めると、

これらの国との貿易が日本の貿易総額に占める割合は、8割以上です。
 
 

しかし、原産地証明の取得に関する手間や事務的負担から活用できている日本企業はわずかです。

EPAFTAの制度があるとわかっていながら、

「原産地証明書」取得、手続きの煩雑さから、制度利用を断念してしまう企業さんも少なくありません。

 

そこで、弊社では原産地証明取得手続きを、サポートします。

 

弊社にご依頼いただくメリット

面倒な手続きも弊社がサポート!
コード調査や行政への確認、原産地規則の確認など、時間のかかる面倒な手続きも弊社がサポートします!
国ごとに異なる原産地規則の確認もお任せください。

書類作成もお任せください!
申請書、必要書類、根拠資料等、書類の作成から提出までにの一連の手続きを代行させていただきます。

数が多い大量案件も、対応致します!
輸出が多数に渡り自社での手続きが難しい場合にもぜひご依頼下さい!

部品数が多くて手を付けられない...そんな場合もお任せ下さい!
機械部品の判定依頼の実績あります。

全国対応も可能!


サポート内容

お手続きの前に、どの国にどの製品を輸出されるのか等ヒアリングを行います。
主なサポート内容は以下になりますが、状況を確認させていただき、必要なサポート対応を致します。

 

 原産地規則の確認

 

 原産性の確認(部品のHSコードの調査等)

 

 判定依頼の必要書類等の作成

 

 判定依頼・発給申請のサポート

 
 

弊社をご利用いただいた「お客様の声」をご紹介します。

「輸出日程が決まっていて、できるだけ早く証明書が欲しいけど、機械で、部品数がとても多い」
という方からのご依頼でした

 

今回機械の輸出する際、輸入者から特定原産地証明書を依頼されました。
今まで携わったことが無く困っていたところ、
インターネットで御社のサイトを見かけました。

対応が丁寧であり、質問したことも迅速に答えてくれたので
信用出来そうと判断したのでご利用させて頂きました。
初めて御社を利用しましたが、非常に満足しています。
今後も依頼させていただきたいと考えております。

 

担当スタッフコメント


初めての特定原産地証明書手続きだけど、輸出日程も決まっていて、
できるだけ早く取得したいという新規のお客様の手続きでした。
対象製品が、部品数が多い機械だったため、一定時間がかかる可能性はご了承いただきつつ、
できるだけ早く発給される様、適用ルール、申請先、発給方法等、
工夫しました。
また、手続きは、メール・電話でのやり取りでしたが、
ご相談頂いた当初は
対面のやり取りを希望されていた経緯があったので、
不安を感じられたり、
不十分さを感じられたりしない様、心がけました。
大満足との回答を頂き、嬉しいです。

太平製作所 伊藤 大士様
アンケートへのご協力ありがとうございました。

(担当/芳村 :スタッフ紹介ページはこちら

原産地証明書とは

原産地証明書には大きく分けて2種類あります。


 ①原産地証明書( 非特恵原産地証明書 ) ※一般原産地証明書とも呼ばれています 
輸出インボイスに記載されているすべての商品の原産地を証明できます。
輸入国の法律・規則に基づく要請や、契約や信用状で指定がある際に取得するもので、
各地の商工会議所で発行してもらえます。


②特定原産地証明書(EPAやFTA)

<a.第三者証明>
すべての商品が対象ではなく、対象となる商品がHSコードで特定されています。
真実性を保証するために、貿易当事者以外の第3者である輸出地の商工会議所、
もしくは官庁、輸出国所在の輸入国領事館などが証明する書類です。  
 

1. 第一種特定原産地証明書(日本商工会議所が発給) ★発給までの流れをページ下部に記載しております

以下の国においては、日本商工会議所にて証明書が発給されます。
シンガポール、メキシコ、マレーシア、チリ、タイ、インドネシア、ブルネイ、ASEAN、
フィリピン、スイス、ベトナム、インド、ペルー、オーストラリア、モンゴル

(令和2年4月現在)

2. 第二種特定原産地証明書(経済産業大臣から認定を受けた認定輸出者が自ら作成)

日スイスEPA、日ペルーEPA、日メキシコEPAの3協定においては、
経済産業大臣の認定を受けた輸出者自らが
第二種特定原産地証明書を作成できる認定輸出者制度が導入されています。


<b.自己証明>  
輸出者自身が証明しているもので、日米貿易協定、TPP11、EUが該当します。
輸出者もしくは輸入者で申告文・原産地証明書等の作成を行い、現地税関に申告が必要となります。

第一種特定原産地証明書の発給までの流れ (※日本商工会議所が発給)

次世代住宅ポイント申請代行担当
輸出産品のHSコードを確認します

輸出産品の6桁のHSコードを確認します。

HSコードとは、「商品の名称及び分類についての統一システムに関する国際条約」に

基づいて品目毎に定められているコードで、「関税分類番号」とも呼ばれます。

次世代住宅ポイント申請代行担当
EPA税率の有無や税率を調べ比較します

輸出産品によって、EPA税率が異なります。

通常輸入の場合に適用されるMFN税率とEPA・FTA特恵関税率を調べ比較します。

次世代住宅ポイント申請代行担当
対象輸出品に求められている原産地規則を調べます

利用するEPA、またはFTAの品目別の規則を調べ、規則に従っているかを確認します。

(ここで規則に反する場合、申請することはできません。)

次世代住宅ポイント申請代行担当
輸出産品に係る原産性を確認します

原産性とは、EPA税率の適用を受ける際に必要な原産地規則に基づいた原産資格のことです。

EPAでは原産性を有する産品を「特定原産品」と呼びます。

次世代住宅ポイント申請代行担当
企業登録のうえ、原産地判定依頼を行います

日本商工会議所に企業登録を行い、産品が特定原産品であるかを、

日本商工会議所に判定審査依頼を行います。

次世代住宅ポイント申請代行担当
特定原産地証明書の発給申請を行います

日本商工会議所に特定原産地証明書の発給申請を行います。

次世代住宅ポイント申請代行担当
証明書が発行されます

手続きが無事完了すれば証明書発行です。

 

 

※一般的な原産地証明・第二種特定原産地証明書の流れは、発給場所が異なり、手続きが異なります。

 

よくある質問

原産地規則とは何ですか?
原産地規則とは、貨物の原産地(=物品の「国籍」)を決定するためのルールのことです。 特定原産地証明書の発給は各国の原産地規則に沿って行います。

報酬

60,000円(税別)~ ※サポート内容により金額は異なります。

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください