HOME未分類 > ペット遺言(負担付遺贈)

ペット遺言(負担付遺贈)

 ペット遺言(負担付遺贈)とは・・・

 

遺言書によりペットの世話を条件として、財産を譲るものです。

これを負担付遺贈と言います。

例えば、「最後までペットの世話をすることを条件として、○○万円を贈与する」といった文言を遺言として残します。

贈与に条件を課すことで、あなたが望むペットの未来が実現できるようになるのです。

この負担付遺贈をすることで、ペットを託す方にペットの世話をお願いします。

しかし、注意点があります。

遺言は遺言者の一方的意思表示であり、受遺者(ペットを託す方)の承諾は必要ありません。

そのため受遺者が「ペットの世話はできないから、財産はいらない」というように、

遺言を放棄することもできるのです。

また相続人には遺留分という一定割合の財産の保証があり、

ペット遺言の内容次第ではこの遺留分を侵害する恐れがあります。

この場合遺留分減殺請求がなされ、遺言がしっかりと執行されない可能性もあります。

受遺者による遺言の放棄、遺留分減殺請求を防ぐためにも、事前に話し合っておくことをお勧めします。

さらに遺言執行者を指定しておくことで、確実な遺言の執行が期待できます。

 

こんな場合に利用

・自分がいなくなった後のペットの生活が心配

・誰かにペットの世話を頼みたい                    など

 

遺言書の作成にあたって

当社では自筆証書遺言・公正証書遺言をお勧めします。遺言書作成時にご相談ください。

遺言書の種類の違いについてはQ&Aをご覧ください。

  

          メリット             デメリット
・自らのペットに関する意思表示ができる ・遺言の放棄がなされる可能性がある
・比較的容易に作成できる ・遺留分減殺請求がなされる可能性がある
  ・効力発生は飼い主が死亡した場合のみである

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談