HOME最新トピックス > 帰化申請の最新トピックス

最新トピックス

2018年9月3日

「帰化」と「永住」の違いとは?

こんにちは!

名古屋支店の帰化チームの邱シヨウです。

 
今回は、「帰化」と「永住」の申請要件について、簡単にご説明します。
 
 
 
 ビザと帰化の申請要件の対照表
 
 
  帰化 永住
居住要件

引き続き5年以上日本に居住していること
◆留学から就労に変更した場合は変更してから3年以上
◆日本人の配偶者の場合は結婚してから3年以上、引き続き1年以上日本に居住すること
※連続して約3ヵ月、また合計150日以上日本を離れていないこと

引き続き10年以上日本に居住していること
◆高度人材1号の場合は3年以上、高度人材2号の場合は1年以上日本に居住すること
◆日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、の場合は結婚してから3年以上、引き続き1年以上日本に居住すること
◆定住者の場合は引き続き5年以上日本に居住すること ※連続して約3ヵ月、また合計150日以上日本を離れていないこと
生計要件 申請者自身または配偶者その他の親族の資産または技能等によって生計を営むことができること 申請者自身または配偶者その他の親族の資産または技能等によって生計を営むことができること
(扶養人数によって、求められる年収は異なります) 
素行要件 納税義務をきちんと果たしていること 年金の加入、納付をしていること(最低直近1年分を納付している)
交通違反など法令違反を犯していないこと
※経営者の場合、社会保険の加入、支払いをしていること
納税義務をきちんと果たしていることは申請地によって異なります。
交通違反など、法令違反を犯していないこと
日本語能力 日本語能力 小学校3~4年生程度の読み書きレベル  制限なし

 

2018年8月28日

帰化のサポート

こんにちは。
名古屋支店の上村です。

帰化申請は、書類を提出しただけでは完了ではありません。
書類提出後1年近くかけて、法務局および法務省で審査がされます。
審査の過程で、追加で書類が必要になることや改めて確認されることは多々あります。
その中で、求められた書類が取得できない場合があり、書類の代替え等を法務局へ提案する必要となる方もいらっしゃいます。
私たちサポート行政書士法人では、帰化書類を提出しただけで、サポートが終了することはありません。
帰化が許可となり、日本の戸籍を作成するまでの長期にわたりでサポートしております。
帰化=国籍を変える という重大な選択をされた方に寄り添い、許可が出たときに共に喜びたいと思っています。


大家好
我们是名古屋分公司归化小组的上村

关于归化申请,提交材料申请并不代表归化结束。
材料提交后、法务局和法务省会对提交的材料进行将近一年的审核。
在审核过程中、有很多需要追加材料或是重新确认的情况。
在此,需要提交的追加材料没有办法取得的情况、可以向法务局解释说明以及以其他材料补充等提案。
我们SUPPORT行证书士法人公司,不仅帮助客人申请归化,到归化成功,取得日本户籍我们都会为您提供帮助。
归化=改变国籍 对此进行重大的人生选择的客人,我们希望与您共同分享许可成功时的喜悦。

 

2018年8月8日

素行要件

こんにちは、名古屋支店の田島です。

 

帰化面談をしていると、事業収入のある方から、

「収入はどう申告したら得ですか?」

「資産は誰の名義にすればいいですか?」

「会社の役員は誰にしておけばいいですか?」

などの質問を受けることがあります。

 

主に経済的に得をしたいという思いがあるようです。

過去に税金を払っていない時期がある、自己破産をしてしまっている等、抱えている事情は様々です。

帰化ができるかできないに関して言えば、納めていない税金は納め

自己破産をしてしまっても年月が経ち、努力して生計を安定させていれば申請はできます。

 

一番大切なのは、嘘をつかず、ごまかしをしないことです。

 

日本人に帰化をするということは、ご本人にとってはもちろん、
れを許可する日本国にとっても一大事なことなのです。

申請窓口である法務局の担当者は、帰化申請をする一人ひとりに対して、
この人が本当に日本人になっても大丈夫だろうか、

法律を守って生活を営めるだろうかという視点で、生い立ちから現在に至るまでを、丁寧に質問します。

その時に、例えば一時的な経済的理由で嘘を言うことは、本来の帰化面談の主旨から離れてしまいます。

 

私達は、経済的損得に関してのアドバイスはできません。

一時的に経済的にマイナスがあっても、後から嘘がわかって不許可になるより、

一緒に難しい状況を乗り越えて、許可になったほうが、将来的には得になるからです。

 

帰化の素行要件(国籍法第5条第1項第3号)にも書いてありますが、素行が善良であることが必要です。
素行が善良であるかどうかは、犯罪歴の有無や態様,納税状況や社会への迷惑の有無等を総合的に考慮して、通常人を基準として、社会通念によって判断されることとなります。
嘘をついたり、ごまかしたりしたことが、審査の時点でばれたら、素行が善良とは認められません

 

生い立ちから、どんな人生を歩んでこられたか、全く見ず知らずの人に話すのは恥ずかしく、緊張するかもしれません。

弊社では、聞き上手で丁寧な対応に自信のある、帰化担当スタッフがお待ちしています。

法務局に行くよりも、軽い気持ちで来ていただけると思います。

ぜひ、一度、無料の帰化面談にお越しください。


2018年6月29日

子育て中で時間が無いお母さんのために

こんにちは。

名古屋支店 帰化チームの上村です。
 
最近、子育て中のお母さんの帰化申請が増えています。  
 
特に子供が幼いお母さん達は、市役所や領事館に行く時間もなかなか取れません。  また、急に体調を崩し予定通りにいかないこともしばしばあります。
帰化の相談で来社する時も、子供を預けられないなどでお困りの方もいらっしゃいます。  
名古屋支店では、子育て中のスタッフも多く在籍しており、お子様連れでも安心して来社していただけます。
更に、ご依頼後は、最少回数の外出で手続きを進めていきますので、
帰化したいけど、なかなか時間が無いとお困りの方はぜひ弊社までご相談ください。
 
 
Xin chào
 
Tôi là Kamimura ở văn phòng Nagoya
Trong thời gian gần đây,  số lượng hồ sơ xin quốc tịch Nhật của các bà mẹ đang nuôi con nhỏ tăng lên đáng kể.
Trong số đó, đặc biệt là các bà mẹ có con còn quá nhỏ, không thể có thời gian đi làm thủ tục tại phòng hành chính thành phố hay ở lãnh sứ quán, đại sứ quán.
Cũng có trường hợp do tình trạng sức khỏe không tốt khiến cho việc thu xếp thủ tục không được tiến hành thuận lợi như dự định.
Ngoài ra, có người lại rất khó khăn khi không thể gửi con để đến các công ty luật tư vấn về quốc tịch.
Thêm vào đó, sau khi sử dụng dịch vụ hỗ trợ làm hồ sơ tại công ty chúng tôi, quý khách chỉ phải đi lại ít lần khi thực sự cần thiết, còn lại chúng tôi có thể giúp hồ sơ của quý khách tiến triển một cách thuận lợi.
Nếu các quý khách có ý muốn xin đổi quốc tịch nhưng thời gian hạn hẹp và có các vấn đề khó khăn khác hãy đến tư vấn, thảo luận tại công ty chúng tôi.
 
Các vấn đề liên quan đến xin quốc tịch Nhật, hãy liên hệ
 
Văn phòng chi nhánh Nagoya: 052-562-1353
 
 
大家好
我是名古屋的上村
 
最近,因抚养孩子而变得繁忙的妈妈们对于归化申请的需求有所增加。
特别是孩子还小需要照顾的妈妈们,几乎没有时间去市役所,领事馆。
而且因为照顾孩子而精疲力尽,不想去处理繁杂的手续,
来公司面谈担心孩子没有人照顾的妈妈也是非常多。
名古屋支店,也有正在育儿中的员工。你可以带着您的孩子安心来公司面谈。
 
想要归化,因没有时间办理归化手续而苦恼的客人,请到我们公司,让我们帮您解决您的困扰。
 
サポート行政書士法人 
名古屋支店  電話番号:052-562-1353

ご不明点など、お気軽にお問い合わせください!

相談は何度でも無料です。

サポート行政書士法人技能実習査証visa申請担当

2018年6月22日

出生届が見つからない場合

こんにちは!
名古屋支店の帰化チームです。

 
先日、必要な証明書が一部揃わなかった方の帰化申請をしました。
 
日本生まれのご年配の方で、当時、ご両親が出生届を出したであろう地域が市町村合併し、該当地区の数カ所に証明書請求をしましたが、どうしても見つかりませんでした。
 
更に、ご両親も日本生まれで、両親の代から本国に戸籍がありませんが、実際このようなケースは少なくありません。
 
しかし、帰化申請では、本国に戸籍とは別に、日本で出生届を出したという証明書の提出を求められ、管轄の法務局からは、揃わなければ申請もできないと言われていました。
 
本国に戸籍もなく、日本国籍が取得できなければ、通常、誰でも作ろうと思えば当たり前のように作ることができる、パスポートが持てません。
 
時間をかけて何度も法務局に相談へ行き、どれだけ探しても見つからなかったという証として、返送された沢山の証明請求書を提出し、ようやく申請を受付けてもらうことができました。
 
帰化の許可が下りたら、パスポートを作り、行ってみたいとおっしゃった海外旅行へ、ぜひ、行っていただきたいと思います。