HOME許認可建築・開発許可 > 市街化調整区域での戸建て建築事例2
建築・開発許可

市街化調整区域での戸建て建築事例2

 建築予定地のデータ

都市計画区分:市街化調整区域

土地地目:田

地先に水路あり

水路は、人や車が出入りできるように、フタをして橋を架ける必要あり

必要になる許認可

・開発許可

・農地転用

・道路使用許可

・道路占用許可

・法定外公共物占用許可

開発許可と農地転用

本物件は市街化調整区域にあり、宅地造成に際して 土地の区画形質の変更を伴う開発行為が必要であったため、開発許可を取る必要がありました。 また、本土地の地目が田んぼであったため、農地転用許可も必要となりました。

排水設備の設置に伴う許可

排水に関して、写真のように本物件では地先の水路に流すことになります。

まず、水路の上に橋を架ける場合は、水路占用(法定外公共物占用)許可が必要になります。

この場合、橋の占用幅は原則4mまでとされており、それ以上広げたい場合は、

個別に協議する必要があります。

また、橋には転落防止柵を設けるなど、いくつかの法令制限があります。

 お問い合わせはこちらから(初回相談無料)

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

建築・開発許可TOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談