「自分」以上に大切なものを見つける

今週は大阪に来られた鈴木さんとランチに行きました!

親知らずと人生の話をしました。

鈴木さんは、若い頃と今の自分とはがらりと変わったと言います。
そのきっかけとは、お子さんです。
今までは、「自分の人生」の枠にこだわって、悩んだり動いたりしていたのが、
それ以上に大切なものができ、優先順位が変わったとのことでした。

自分の子どもが辛い目にあうことを考えると、自分の苦しさは
「たいしたことない」と我慢強くなったと言います。

何よりも、大切なもの、夢中になれるものできたら強い。
「自分」にこだわり続けるのはもったいないですね。

特に、鈴木さんはこの前、親知らずを麻酔なしで抜いたと聞きました。
麻酔を使ってしまうと、腎臓に悪いからと言って、、

お医者さんも驚くべく、麻酔無しで一時間を耐えました。
もし自分の子供が自分より辛い目にあうということを天秤にかけられていると想像し、
その苦行を乗り越えました。
鈴木さんのお子さんへの愛、「 火事の中も迎えにいきたい。」にとても感動しました。
やっぱり人は自分一人では、人生を彩れません。
自分一人で歩む平凡な人生であったとしても、良くも悪くも、
自分の人生に刺激を与えるのは、人と関わりです。
何倍もの視野が広がります。

そういう意味で、誰と付き合っていくのか判断し、
良い人と付き合っていくことが大事です。

という、楽しい会話とともに、人生考えさせられたランチタイムでした。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 白倉 良恵   パーマリンク

コメントは受け付けていません。