求めよ。さすれば与えられん

先週土曜、雪のセンター試験の日。
アメリカ海軍特殊部隊Navy Sealsの6カ月に及ぶ審査及び訓練である通称Budsのドキュメンタリーを見ていました。

180分ぐらいの動画でしたが、一気見。
本気とか覚悟とか
チームワークとかリーダーシップとか、
まぁ一見の価値あります。

思ったことは2点あります。
~したいと思うことでしか、Self-motivatedすることは出来ないのだな、ということ。
そしてごちゃごちゃ考えるやつは弱いってことです。

Budsには、Navy Sealsという最高の信頼とチームワークを誇る最高のチームに入りたいと、
海軍のエリートなどが集まります。
しかし最初80名いたメンバーは最後には20名ほどになってしまいます。

この過酷なBudsは実に6カ月に及び特に最初の数週間とその後にある通称Hell Weekは、覚悟を試す、本当に本気なのかを計る壮絶なものです。
Hell weekは特に五日間で睡眠時間が数時間しかとれないという、実に苛烈なもの。

Budsの合い言葉は
「勝者だけが報われる」

そして様々なレースの中で、チームで取り組む以外に勝者になる方法はなく、そして少しでも上手くやろうとか手を抜こうとかすると必ずペナルティを与えられるように設計されています。

「人を壊れるまで走らせることは誰でも出来る。俺たちはそんなことは望んでいないし、覚悟のないやつが自然とやめていくことが望ましい」

限界まで絞り出す訓練が毎日続き、そして冬の海につかるような訓練や、徹底的な部屋の清掃チェックなど心身共にすさまじいプレッシャーが与えられます。
数日おきに行う健康診断が行われ、低体温症のギリギリまでの追い込まれます。

そうすることで本当にSealsになりたいのか、
戦地で仲間として後ろを任すことが出来る人間であるのかを
徹底的にあぶり出していくのです。

ドキュメンタリーの中で多くの優秀な兵士が自分から離脱していきます。
「所詮は仕事だ」
「人生にはもっと大事な事がある」
「家族の不幸があったんだ。だから仕方ないんだ」
「俺はSealsにふさわしいと思っていた。でもそうではなかったんだ」

「訓練が厳しくなってくると、脱落するやつはいろいろ考え出す。こんなことなんでしなくちゃいけないんじゃないか、とか。これからずっとこれが続くのか、とか。なげやりになると離脱していくのさ」

愛国心だとか、最高の部隊だからトライしているとかいう兵士はどんどん脱落していきます。

最後まで残るのは深く考えずシンプルに楽観的に考えられる兵士、そして本当にSealsに入りたいと思っている兵士です。

「どうせ人生の半年程度。後になったら良い経験だと思うし、別に何でもないよ」
「リベラはすごいやつだ。どんな訓練も軽くこなすし、いつも周りに気を配ってる。やつは部隊でママと呼ばれてた」

このドキュメンタリーは、偽りのMotivationでは、
最後まで自分を追い込むことが出来ないということをまざまざと見せつけてきます。
一見正当で素晴らしい理由は、極度の緊張と疲労とプレッシャーの中では、全く役に立ちません。
ただシンプルにSealsになりたい!という気持ちが強い人だけが、
極限状態の訓練を乗り越えられます。

仕事上、どのようにSelf-motivatedすればいいのか、と考えます。

よくタイムマネジメントが出来なければいけない。生産性を上げなければいけない。
そういう問題提起をする人を見ます。自分もそうしがちです。

しかし、多分それでは自分のMotivationにはなりません。
そういう問題設定をして、スマートにそれをかなえている人など私は見たことがありません。

だから「~しなければいけない(Must)」「~すべきだ(Should)」という課題設定は間違っているのだと思います。

多分「~したい(Want)」じゃないといけない。
仕事を楽しみたい。仕事で気分よくなりたい。
先にそれを強く思わないとMotivationは生まれない。

そう思うから、じゃぁタイムマネジメントしなくちゃ、生産性も上げないとね、ということに対して強いMotivationが生まれるのです。

極限状態でも揺らがないMotivationは、
結局「~したい」じゃないとダメなのだな、と。

受任促進をしなくちゃいけない、だと、だれもMotivationが湧かないと思います。
でも、めっちゃキャリア立てて良い仕事をしたい!という気持ちがあれば、
Motivationが湧いてくるのだと思います。

もし、やんなくてもいいかな、とか。
もっと楽しいこと一杯あるしとか、そう思うようであれば。
やっていることは「Must」や「Should」に動機付けされたものだと思うのです。

「Want」ならごちゃごちゃ考えない。
ただやるだけだ。

とりあえず私は楽しく仕事をしたいと、そう思うようになりました。

楽しく仕事をしよう。
そのためには何が必要か・・・

    blog の紹介

    サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
    カテゴリー: 中山祐輔   パーマリンク

    コメントは受け付けていません。