努力しているけど結果が出ない・・・

こんにちは

秋葉原の徳田です。
頑張ってるのに結果が出ないことってありますよね。
同僚がそんな状況の時、自分がそんな状況の時、どんな言葉をかけてあげますか。

 

 

 

 

 

 

努力と結果の関係性は写真のグラフのように表せます。
右下の部分が努力はしているけど結果が出ていない状況です。

努力大・結果小の状態の時、どのようにリードするかによって良い状況にも悪い状況にもなり得ます。

陥りがちなリードは同じ努力量で結果が伴わなくなる状況に導いてしまうリードではないでしょうか。
例えば、会社のせい・商品のせい・上司と合わない・顧客のせい・運が悪い等
外部の責任にするような言い方をしたことはありませんか?
逆に自分があの時こうしていれば・・・というように自分を責めることに終始してしまっていませんか?

なぜ、上手くいかないのか、どうすれば結果に結びつけることが出来るか、自分に必要な努力は何なのか・・・客観的に対策することが重要です。
まあ、大抵の人は頭では分かっていると思います。

まずは自分の思考や言葉の癖を知りましょう。
結果が出ないとき、どう考え、どんな言葉をかけますか。
その思考や言葉が結果につながるものかどうか今一度考えてみてください。

悪い癖が出たときは、「あ、今やってしまっているな」と認識してみて
結果につながる対策を考える頭・言葉にシフトしましょう。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 徳田翔馬   パーマリンク

コメントは受け付けていません。