最新トピックス

2016年11月1日

技能ビザ更新にも要注意

2016年8月23日

元調理師は経営管理ビザに変更した場合

2016年7月14日

本場のコックさんを呼び寄せたい!
大阪オフィスのビザ担当です。
 
最近、本国料理専門店を開きたいので、
現地から本場のコックさんを招聘したいという問い合わせが多くあります。
コックさんとして技能ビザを取得するためには、10年以上の実務経験が必要です。

ただし、単純に10年以上の実務経験があるから大丈夫というわけでもなく、
その他にも、国によっては調理師免許を取得していないといけない等、様々なポイントがございます。

弊社では、技能ビザの申請サポートも数多く取り扱っているので、お気軽にお問い合わせください!

2014年8月7日

在留期間5年の技能ビザを取りました!

 今日中国人調理師の新しい在留カードを取るために、

名古屋入国管理局に行きました。

 

在留カードを取った瞬間、この案件についての記憶が思い浮かべました。
審査期間が長いし、途中で追加資料の提出指示が来たし、お客様は自信なさそうでした。
しかしお客様を励まして、一緒に頑張って、やっと難関を乗り越えました。

そして、今日、5年間の在留期間をもらいました!

申請前、5年間を取れるかなあと予想したけど、本当に5年間が下りた時、やっぱり嬉しかったです。

お客様が在留カードを受け取りに来た時、

「夢みたい」とつぶやいて、「信じられない顔」をしてくれました。


お客様の満足な気持ちを、その瞬間確実sに感じました。


これは、おそらくこの仕事の魅力でしょう。





2013年8月27日

転職したらビザの手続は?
「在留期限があるけど、転職した!ビザの手続はどうしたら良いの?」という質問にお答えします。

新しい在留管理制度が昨年7月に始まりましたが、みなさん手続きは覚えていますか?
①氏名、国籍・地域、生年月日、性別に変更があった場合
② 所属機関に変更があった場合
③配偶者との離婚等の場合
この変更がある場合は、⑭日以内に最寄りの入国管理局に届け出る必要があります。
(今年の6月からは、電子システム入国管理局電子届出システムが利用できるようになりました
http://www.immi-moj.go.jp/i-ens/)

いわゆる転職の場合は、この②に該当します。
「人文知識・国際業務」「技術」「技能」等の就労できる在留資格をお持ちの方は、
変更から14日以内に入国管理局へ届出る必要があるのです。
この届出が遅れた場合、罰則を受ける可能性もあります><

雇用先を退職した場合は、速やかに入国管理局に届出を行いましょう!
1 / 3123