特殊車両通行許可

新規格車の許可申請

新規格車とは

新規格車は、高速自動車国道および重さ指定道路を申請許可なく通行できる車両をいいます。 しかし車庫から出るときなど、指定道路等以外を通行する場合は特殊車両として扱われるので、特殊車両通行許可申請が必要になります。

重さ指定道路とは
高速自動車国道または道路管理者が、道路の構造の保全や交通の危険の防止上で支障がないと認め、総重量の最高限度を車両の長さおよび軸距に応じて最大25トンとする道路を指します。重さ以外の幅、長さ、高さの最高限度は一般的制限値と変わりません。

重さ指定道路であれば、下記の総重量最大25トンまでの通行が可能です。

20トン (最遠軸距が5.5メートル未満)

22トン (最遠軸距が5.5メートル以上7メートル未満で、貨物が積載されていない状態で長さが9メートル以上の場合。9メートル未満は20トン)

25トン (最遠軸距が7メートル以上で、貨物が積載されていない状態で長さが11メートル以上の場合。9メートル未満20トン、9メートル~11メートルは22トン)

お問合せ多数!増トン車も特殊車両通行許可は必要か?

中型トラックの車軸やフレームを強化し、積載量を増やしたトラックいわゆる増トン車。

増トン車は許可は取らなくても良いのでしょうか?
  
増トン車も新規格車の一つなので、高速自動車国道および重さ指定道路の通行に許可は必要ありません。
 
見落としがちですが、車庫から目的地まで指定道路以外を通行することはありませんか?
例え、指定道路以外を通行する距離が短くともある場合は、特殊車両通行許可を取る必要があります。

新規格車の特殊車両通行許可申請の注意点

最近はオンライン申請が主流となっておりますが、新規格車の場合、オンライン申請ができない場合があります。

特殊車両通行許可申請は、通行する道路を管理する道路管理者へ申請を行うことになりますが、

オンライン申請の場合、国道等の国道事務所が管理している道路が含まれていなければ受付てもらえません。

 

そこで問題となるのが、「多くの国道は、重さ指定道路になっている」ということです。

 

新規格車の場合、重さ指定道路を通行するのであれば許可不要で通行できるため、

そもそも国道事務所が審査する対象とならず、オンライン申請を受け付けてもらえません。

 

そのため申請内容によっては、県道や市道を管理する道路管理者へ直接申請(窓口申請)をしなければならないため、新規格車でオンライン申請を予定している場合は、注意が必要です。

特殊車両通行許可 申請の流れ

 ①まずはお電話・メールでお問い合わせください。

ご相談は何度でも無料です。
まずはお電話か問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら
新宿オフィス
名古屋オフィス
大阪オフィス
03-5325-1355
052-562-1353
06-6266-1353
 
 ②無料相談・お見積り後、お申込みして頂きます。
営業時間外でも事前にご予約いただければ、夜間や土日の相談も可能です。
 
現在のご依頼者の状況やご希望の点などを詳しくお聞きし、適正な価格で見積りを提示いたします。
見積りで提示した金額やサービス内容に納得いただけましたら、ご依頼いただきます。
報酬の支払い時期や成功報酬については、担当者とご相談ください。
 ③当社にて書類の収集・作成を行います。

申請書類は当社専門スタッフが作成致します。
申請書類は通行経路図や、車両情報書類など、ご依頼者自身/社内で準備すると膨大になります。

これまでも、多数の特殊車両通行許可取得をサポートしてきたスタッフにお任せ下さい。
全国各地で様々な難案件の申請を行なってきたノウハウ・大手企業の社内研修に講師として招聘される実績を
生かし、迅速に対応致します。
 ④申請を代行いたします。
窓口での申請が必要な場合も、原則当社スタッフが申請致します。
万一補正が入った場合も、当社で対応致します。

 ⑤許可証取得→送付
無事許可証が発行されたら、当社で受け取りに参ります。

全国対応可能です

サポート行政書士法人

お問い合わせはこちらから

  1. ※必須 Required
  2. ※必須 Required
  3. ※必須 Required
  4. ※必須 Required
  5. 連絡希望時間等、連絡事項があればごちらへ
    Reservation time / anything else to inform us
  6. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
 

特殊車両通行許可TOP

  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ
  • メールマガジン登録
  • 1.新宿オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談