知識は楽しむためのもの

こんにちは!
秋葉原オフィスの水上です。

最近本屋さんに行くと「〇〇の為のメソッド」や「〇〇の仕方!」など
方法に関する本で溢れています。

確かに忙しいビジネスマンにとってすぐに何をすべきかの方法が載っている本は
重宝されて当たり前です。
とはいえ、小学校位まで本ってそういう読み方をするのは教科書くらいではないですか?

小学生の時や今もですが図鑑や図解を見るのが好きな子どもだったと思います。
その本には「何をすべきかの方法」は載っていないですが、「へ~」と思わせてくれるワクワクがありました。

これを分析すると知識を得る、使うことにフォーカスしていたのではなく、
今まさに得ている知識そのものへの興味が私を楽しませていたのだと思います。

知識を楽しんでいる人の代表はタモリさんでしょうか。
NHKで放映中の「ブラタモリ」を見ると今まで得た知識、今まさに得ている知識両方を使って
知識そのものをタモリさんが楽しんでいる様に思えます。

そういった姿を見て私たちも面白いと思い、テレビ局も面白いと思い番組(仕事)が来る。
之こそが楽しく仕事をすることにつながるかもしれません。

私自身ももっともっと楽しんで、知識を得ていけたらと思います。

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 水上雄貴   パーマリンク

コメントは受け付けていません。