話を”聴く”相手になるために

「あなたに言ってもしょうが無い」

そう思われてしまうような。そういうリードをしてはいけないよなと思います。

確かにあなたは相手の話を”聞いて”いるかもしれません。でも、相手の話を”聴く”、相手の話したいことを受け止めるということをしていないかもしれません。

答えありきで相手の話を聞き、そして結局指導や説教になってしまう。いかに相談をしても、結局理解して貰えない、寄り添って貰えない。そう思わせてしまうと、聞くという行為をいかにしていても、「あなたに言ってもしょうが無い」と言われてしまうのですよね。

「あなたに言ってもしょうが無い」から「あなたに相談したいのです」と聞く機会を通して、なっていきたいものですが、ポイントは、その人の現状をいかに理解するかと言うことだと思います。共感を示してあげるかどうかはともかく、相手のあるべき姿とかではなく、相手の今をしっかりと捉えてあげる。相手が自分自身の今をどう思っているのか、それをしっかりと捕まえる。

あなたの今を私は、しっかり聴きましたよ。その上で、助言をするのか、それとも単に共感するのか、あるいはリードするのか。

今をしっかりと聴くこと。それがポイントなのだろうと思います。

 

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 中山 祐輔   パーマリンク

コメントは受け付けていません。