カテゴリー別アーカイブ: 白倉 良恵

時間はお金で買える

大阪支店の白倉です。

お金払うから、誰かやってほしい。
誰かのめんどくさいがビジネスになっています。

時間はお金で買えます。
交通手段をより良いものに変えれば
当然早く着くし、
出来合いの惣菜を買ってきたら、
調理の時間は節約できます。

人生は有限です。
タイムイズライフです。

ただし、
いくら早く着くために電車やバスを利用しても
乗り換えが多かったり、
チケットを買うのに手間どうなら
やはり諦めます。
惣菜だって、栄養バランスの観点や、
そもそも美味しくなければ嫌です。

いかにそのサービスが、
対価に見合うものとなるか。
対価以上となるか。
それを考えるのが、
提供するのが、ビジネスです。

誰かの役に立つ、質の良いサービスを提供していくために、
「経営者の目線に立って物事を考える」力を養っていきたいと思います。

伝え方-相手への響き方

大阪支店の白倉です。

昔買った本をまた読んでいます。

一時期自己啓発本を買ったりしていましたが、結局どこかで聞いたことあるような
ありきたりなことや、それが出来たら苦労しないんだ(泣)というようなことが
書いてあるのに途中で気づき、いつしか読まなくなりました。

でも読み返してみると、その時は「ふーん」ってリアクションだったのに、
今になって「うんわかるよ!」って身に沁みます。

難しいことは書いておらず、内容はどの本もほぼ同じです。
ただ違うのは、言葉のチョイスです。
伝え方が変われば、自分への響き方が違います。

伝え方は大事です。
例えば、急に車が目の前に飛び出してきた時、
「危ない!」と言われるより「走れ!」と言われた方が咄嗟に何をすればいいのか判断でき、
従うことができます。

どうせやるなら相手に気持ち良くやってもらった方がwinwinです。
相手をやる気にさせるレスポンスをするのが大事だと思う今日この頃です。
メール上手=仕事上手なので、得意にします。

できるようになるまではできない

大阪支店の白倉です。

2020年、新入社員として吸収したことが沢山ありました。
その中でも、タイトル通り「できるようになるまではできない」ということを学びました。
裏を返せば、「できるまでやる」です。
人間、できないことはいっぱいありますが、頑張ればできるようになることがほとんどです。
苦手意識を持っていたことも、挑戦してみれば、トライアンドエラーを繰り返しながらもできます。
入社当時はタイピングも早く無かったですが、ブラインドタッチで随分早くなりました

できるようになるには、できるまで諦めないことです。
できないことも方法・考え方次第でできるようになるので、すぐできないと諦めることはNGです。

来年は視野を広げ、キャパを広げて、自分が立てた目標通りにいくように一年を過ごしていきます。
また、変わらず基本的なことは大事にし、案内の仕方だったり、ちょっとしたメール文だったりと、一つ一つ確実にレベルアップしていきます。

今年は色んな方にお世話になりました。来年も宜しくお願いします!!

SGに入って変わったこと

仕事に対する姿勢はもちろんですが、プライベートでも、
考え方や行動で変わったと思うことがあります。

①元々せっかちでしたが、よりせっかちになりました(笑)

忘れない内に、やることたまらない内に、やっとかなきゃ、
という思いから気づいたらすぐ行動するようになりました。
最低限これを押さえておけばというポイントを把握し、実行します。

例えば旅行1つとっても、行く場所、交通機関、宿泊場所、、
計画だったり、予約が必要になってきます。
自分で使える時間が少なくなってきたからこそ、ボールを持たない。
動けるタイミングを逃さなくなりました。

②臆することなく聞ける、話せる

自分事として捉えられるようになったからだと思います。

今までは、例え自分がお客さんの立場で相手がお店の方であっても、緊張したり、遠慮したりでした。
逆の立場を経験し、また沢山の行政とのやり取りで、人と関わることに恐れなくなりました。
社会人になって、フットワークが軽くなった気がします。

というように、入社前の自分と変わってきた面はありますが、
まだまだどんどん変えていきたい部分があるので、なりたい自分を描いて、成長していきます!

「自分」以上に大切なものを見つける

今週は大阪に来られた鈴木さんとランチに行きました!

親知らずと人生の話をしました。

鈴木さんは、若い頃と今の自分とはがらりと変わったと言います。
そのきっかけとは、お子さんです。
今までは、「自分の人生」の枠にこだわって、悩んだり動いたりしていたのが、
それ以上に大切なものができ、優先順位が変わったとのことでした。

自分の子どもが辛い目にあうことを考えると、自分の苦しさは
「たいしたことない」と我慢強くなったと言います。

何よりも、大切なもの、夢中になれるものできたら強い。
「自分」にこだわり続けるのはもったいないですね。

特に、鈴木さんはこの前、親知らずを麻酔なしで抜いたと聞きました。
麻酔を使ってしまうと、腎臓に悪いからと言って、、

お医者さんも驚くべく、麻酔無しで一時間を耐えました。
もし自分の子供が自分より辛い目にあうということを天秤にかけられていると想像し、
その苦行を乗り越えました。
鈴木さんのお子さんへの愛、「 火事の中も迎えにいきたい。」にとても感動しました。
やっぱり人は自分一人では、人生を彩れません。
自分一人で歩む平凡な人生であったとしても、良くも悪くも、
自分の人生に刺激を与えるのは、人と関わりです。
何倍もの視野が広がります。

そういう意味で、誰と付き合っていくのか判断し、
良い人と付き合っていくことが大事です。

という、楽しい会話とともに、人生考えさせられたランチタイムでした。

視野を広げる

視野を広げましょう。

今の自分にとっての価値観、今歩んでいる人生がずっと続く訳ではなく、今自分が思っていることが全てではありません。

もっと楽に生きる方法、それは他の人の考え方を取り入れることだと思います。

自分のやり方に固執してしまい、自分だけの世界で、視野で考えてしまうとしんどくなります。

周りのアドバイスを受け入れることはもちろん、本を読みましょう。
本は、自身が体験できないことを代わりに体現してくれています。普段感じれない、気づくことができないことを教えてくれます。人生上絶対経験できない数々の失敗も成功も、1冊の本がヒントを与えてくれます。通常経験するのに到底時間かかることも1冊の本を読めば、知らなかったことも短時間で習得できます。

本の他にも映画、旅行、、人生に刺激を与え、彩りを与えるものを大事にしていきましょう。色んな考え方を養っていきましょう。

感謝の気持ち

入社して、約5ヵ月が経ちました。
社会人になって、改めて自分一人では何もできないことに気付きました。

業務の中で、誰かに頼まないと進められないものがあります。
感謝はありつつ、迷惑をかけてしまっているという罪悪感がありましたが、
自分のために手伝ってもらうのではなく、
会社のために、お客さんのために社内に「頼る」というのは必要不可欠だと感じています。

SGでは、新人でもどんどん任してもらえる環境にあります。
案件の管理、顧客対応を自ら行い、主体的に動きますが、
先輩社員がフォローしてくれます。
改めて、年代や支店を問わず、SGは全員が味方となってくださっていると感じます。

頼って案件を完了させて、お客さんを喜ばすことができたのなら、それは成功です。
社内に沢山の強い味方がいるということが
私の心の支え・原動力となって頑張ることができます。
いつもありがとうございます!

全てのアドバイスを受け入れる

先日、研修を受けて学んだこと・思ったことを共有します。
成長の秘訣は、アドバイスは全て受け入れ、実行していくこと。 

最初はせっかく先輩にアドバイスをいただいても、
「意味が分からない」、「今の自分にできる気がしない」と
いつの間にかフィルターをかけ、自分を制御してしまいます。

いただいたアドバイスを実行する/しないは自分が決めるのではありません。
自分を信じるより、何年も先に経験してきた先輩からいただく

アドバイスは素直に信じる。そうすることで、必ず上手く進んでいきます。
また、自分にできそうな一部だけを選ぶのではなく、
取捨選択の権限はないと思って、全てのアドバイスを受け入れることが大切です。 

私自身、日々過ごす中で、
アドバイスが抜け落ちていることがあります。
アドバイスが自分の中で意識せずに行動に移せるようになるまで、
メモに書き留め、また、何度も振り返ることで徹底していきます。

自分が先輩となった時には、私自身が適切なアドバイスをギブできるように
なりたいですね!

見えてきた自分

社会人になって、気付いたことがあります。

私は自分に対する期待度が高過ぎます。
早く成長したいのに、実際の自分はできないし、
失敗するし、がっかりしてしまいます。
いつの間にか過大評価してしまっているのです。
鈴木さん含め、先輩方のお話しを聞いたり、色んな研修を受けたりして
できないのは当たり前、失敗するのも当たり前、
当たって砕けろ。の精神でいこうと決めました。

不安や焦りでいっぱいになることがありますが、
終わってみると、心配する必要のないことが多かったりします。
不安の種を除くには、起こりうる問題に対して考え抜き、対策すること。

また、失敗した時の立ち直る力で大切なことの一つに、「自己肯定」があります。
できないままの自分を認めて、できる自分を想像し
前向きに行動していくことが大切です。

最近改めて実感するのですが自分で評価した自分と、
他人からみた自分は違うということです。
私自身、自分は弱々しくって、人からもそう思われていると思っていました。
(そういう思い込みをやめないと!)
他人からは物怖じせず、度胸があり、堂々として見えるというのです。
より力を発揮するために、そのギャップを埋めていきます。

日々、知らなかった、気付かなかった自分が見えてきて、
このように刺激をいただける環境は有難いです。
この環境を生かし、いただいた刺激を今度は自分が与えられるように!!

当たり前の基準

コロナ騒動で、気づかされたことが多々あります。
自分達の国のこと、他国のこと。
世間に広がる問題のこと。
変えていかなくてはならないこと。
今までの平穏な「当たり前」は「当たり前」ではありません。
世の中何が起こるか分からないのが「当たり前」で、
常に状況が変わるということを意識しなければいけないと思います。

昨日、新入社員としてまた研修を受けました。
まず業務を進めるに当たって大事なのは、全体把握することです。
その上でスケジュール管理をする。
スケジュールに沿って行動し、それらを記録し
見える化することで、漏れがなく進めていけます。
これができて初めて、顧客に満足してもらえるサーピスを提供できます。

こういった一つ一つの仕事に取り組む姿勢について
「当たり前」の基準を高めていけるように
日々、学び、成長していきます。

考えることを諦めない

こんにちは、大阪の白倉です。

新入社員は随時研修を受けています。
最近印象深かった研修は、「判断力」についてです。
判断力を鍛えるのにネックなのは、「フィルター」です。
自分の今までの経験、知識などで入ってきた情報を曲解させてしまい、
判断ミスをします。
私も「こうだろう」との推測で判断を誤ることがあります。
それは自分に甘えがあるということです。
しっかり考えて出したものの中に、最適な判断が生まれます。

最適な判断で、会社を、お客様を導いていけるよう、
日々「考えることを諦めない」を目標とし、行動していきます。

今年のテーマ

今年、私の中で個人的に掲げているテーマがあります。
「希望」です。

その心とは、
今の自分に希望を持つということ。
できない自分に対して諦めず、
未来の自分の可能性を信じ、
できる未来を思い描いていくこと。

そして、周りにも希望を与えていける存在になること。
私の行動が、誰かの原動力になったり、良い影響を与えていくこと。

常に希望を忘れず、前向きに進んでいけば、成長は訪れます。
その成長の過程があって初めて関わった人に影響を与えることができます。
世界の全てを変えることはできないですが、
せめて自分と関わった方々には幸せになってもらいたいと思います。

私が対応するお客様にも、喜びの結果をお届けできるよう、
全力でサポートしていきます!

新入社員としてよろしくお願いします!

皆様

こんにちは!
新入社員の白倉です!

私の好きな言葉の一つに
「勉強する苦しみは一瞬、勉強しなかった苦しみは一生」
があります。

努力して身につけた知識は、
自分の人生を、また、他人の人生を豊かにします。
もっと語学に、資格に、どんどん学んで、
一生涯勉強し続けていきます!

勉強のみならず、
他の面でも沢山人と出会い、経験し、
後悔ないよう、人生を生きたいと思います!

会社に、世の中に頼られるよう成長していきますので、
よろしくお願い致します!