ルールは守るべきもの??

大阪支店の木下です。

最近、大阪城公園に「キロラン」と「会社終わりのランニング」で行ってきました。

「キロラン」は食べながら走るという面白いイベントで
日本初開催だとかで初回に参加できたのはラッキーでした。

あと、「会社終わりのランニング」については、
なんかドラマ的な感じで一度は試してみたかった感じです(笑)
あ、今どきの言葉で「ワークアウト」っていうみたいですね。←山崎さんに教えてもらいました。

キロランのメダル

会社終わりのランニング中の大阪城

さて、サポート行政書士法人に勤務して大分と時間が経ちますが、
私が今まで勤務してきた会社では経験できなかったことを経験させてもらっています。

その経験とは、私が考えたことがない視点を知ることができる機会が多いということです。

一例を上げると、ルールは普通、守ってもらってナンボです。

そのルールが出来上がった当時は具体的なことがあって、
その後付としてルールができるというケースが多いと思います。

ただ、そのルールが出来上がった当時と今は状況が変わることがあり、
そのルールを守ることが相応しくない場合もあります。

これって私がサポート行政書士法人に勤務して2,3年ぐらいで経験したことですが、
何か本を読んで学ぶのと、そこに付随する出来事を通して学ぶのでは全然違います。

私の場合は付随する出来事を通して学んだので、ものすごく腹落ちしたことを覚えています。

このことはあくまでも一例ですが、
こういう経験が多いので、勤務して大分と時間が経ちますが、日々この環境に感謝しています。

みなさんはこういった当たり前のことに対して、視点が変わる経験ありますか??

blog の紹介

サポート行政書士法人のスタッフが更新するブログです♪
カテゴリー: 木下和之   パーマリンク

コメントは受け付けていません。