HOME > 入札支援サービス

入札支援サービス

入札支援サービス 近日開始予定!!!

「入札」は国内でも最大のマーケットです。
官公庁・地方自治体など入札案件を発注する機関は5,000機関以上あり
1年間の発注金額は、全体で約20兆円にのぼります。
 
官公庁や地方自治体は倒産の可能性がほぼなく、
会計法の法令に基づき、報酬の支払い遅延もありません。
 
さらに、官公庁や地方自治体との取引実績があると、
対外的な自社の信用度も上がります。
対民間企業との取引も、より有利にすすむようになります。

そんなお悩みをお持ちの企業様、ぜひ「入札支援サービス」をご利用ください。

貴社にピッタリの入札情報を毎月無料で配信!
会員企業様には、入札参加資格の申請など、必要手続きの費用を特別に割引!

 

売上アップに入札支援サービスをご活用ください。

サービス概要

>>>申し込みはコチラから


※最新情報に関しては、発注機関に確認してください。
※サービス内容は、予告なく変更する場合があります。

よくあるご質問

無料メルマガはどうやって申し込めばいいですか?

HPの申し込みフォームか、FAXにてお申込みください。

無料メルマガの内容は?
「人材」「IT」「医薬・福祉」「什器」「旅行・ホテル」「土木・建設」「印刷・広告」の
カテゴリ毎に、全国の最新入札情報(最大50件:予定)を毎月配信します。
配信の頻度は?
月1回です。
無料メルマガは1社につき1メールアドレスまでですか?
メールアドレスを複数登録いただいても構いません!
無料メルマガのカテゴリはいくつまで選択可能ですか?
いくつでも選択可能です。
自社の業務に関連するカテゴリを選択ください。
有料会員の特典は?
2つあります!
①入札情報メルマガの内容を、自社用にカスタマイズできます。
案件の地域、業務内容など、より自社の事業に即した案件情報のみを受け取ることができます。

②当社にて入札参加資格申請を行う場合、通常見積もり価格より1件あたり2,000円OFFでご利用頂けます。
その他の許認可などの手続きに関しても、通常見積り価格の10%OFF!
社内手続きを、お得にアウトソーシングできます。
有料会員の申し込み方は?
担当者メールアドレスに有料会員希望の旨をメール下さい。
担当よりメルマガカスタマイズ用ヒアリングシートや、契約書等を送付します。
お申込みいただいた月の翌月より、サービス適用と致します。

例)5/15に有料会員のお申込み
6月分よりカスタマイズメルマガを配信
6月申込分より、入札参加資格申請2,000円OFF
          その他手続き10%OFF
有料会員の費用は?
月10,500円です。
月初に請求書を発行させて頂き、月末までにお支払い頂きます。
合わせて入札参加資格申請等をご依頼頂く場合は、前月分の報酬を合わせて、請求させて頂きます。
入札案件の公示情報を知りたい
毎月の無料メルマガに、情報が欲しい入札案件を明示してご返信ください。
担当より、公示情報をメールにて案内させて頂きます。
入札するにはどうしたらいいの?
発注機関の「入札参加有資格者名簿」に登録していることが条件となります。
登録にあたっては、入札参加しようとする区分によって必要な条件、登録申請方法が異なっていますので、
発注期間(自治体・各種団体等)に事前確認しておきましょう。(当社で要件確認可能です)
入札参加資格申請、今からでも間にあう?
入札参加資格審査の申請時期は発注期間ごとに定められており、通常は年に1回です。
申請期間を過ぎてしまうと、発注者への入札はできません。
ただし、追加受付や随意受付等で入札参加ができる場合がありますので、
発注者に確認することが必要です。
参加資格の申請にかかる費用は?
参加資格の申請に原則、費用はかかりません。
各証明書、ICカード、代行の実費費用は別途必要となります。
入札の参加資格申請を行なってから、承認されるまではどれくらいかかりますか?
発注機関により様々です。
定期受付の場合:4月1日などの年度初めに承認され、2年間参加資格が認められることが多くなっています。
随時受付の場合:申請締切日から1ヶ月後に承認されることが多いです。
参加資格登録が済めば、すぐに入札に参加できますか?
参加資格者名簿に登載されれば、参加できます。
ただ、電子入札が増えているので、ICカード等の手続きも済ませておく必要があります。

  1. 入札情報メルマガを希望する業種にチェックしてください
    (複数回答可)
 

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談