小規模事業者持続化補助金

よくあるご質問

申請後申請結果はいつわかりますか?
各申請受付締切後、審査が行われ、概ね2~3ヶ月程度になります。
申込をすれば、補助金は必ず交付されますか?
補助金は要件を満たした方が全て補助されるわけではありません。申請内容を審査 し、評価の高い順に採択者が決まります。
不採択となった場合、次の公募に応募できますか?
次回公募回で、再度申請する事が可能です。
「常時使用する従業員」の範囲はどう考えればいいですか?
従業員の数に会社役員(従業員との兼務役員は除く)、個人事業主本人および同居の親族従業員、(申請時点で)育児休業中・介護休業中・疾病休業中または休職中の社員(*法令や社内就業規則等に基づいて休業・休職措置が適用されている者)は含めないものとします。 また、雇用契約期間の短い者や、正社員よりも所定労働時間・日数の短い者は、パート労働者として、「常時使用する従業員」の数には含めない場合があります。
これから開業する人は対象となりますか?
申請時点で開業していない創業予定者(例えば、既に税務署に開業届を提出していても、開業届上の開業日が申請日よりも後の場合)は対象外です。
ホームページ制作は対象となりますか?
販路開拓の取り組みであれば、対象となり得ます。
補助対象経費の支払いは、現金払いでよいですか?
支出行為は、銀行振込方式が大原則です。 補助金執行の適正性確保のため、旅費や現金決済のみの取引(証拠書類が別途必要)を除き、1取引10万円超(税抜き)の支払いは、現金払いは認められませんのでご注意ください。
他の補助金との併用はできますか?
同一事業者が同一内容で、本制度と本制度以外の国(国以外の機関が、国から受けた補助金等により実施する場合を含む)の補助事業との併用はできません。
「汎用性があり目的外使用になるもの~」とは、具体的にどのようなものですか?
パソコンやタブレットPCなどです。
1人で二つの事業を営んでいる場合、2件の申請は可能ですか?
同一事業者からの同一受付締切回への応募は1件となります。
事業を実施できるのは、いつからですか?
交付決定日(=交付決定通知書の交付決定日)以降可能です。 その日より前の発注・契約や支出は補助対象外となります。

全国の事業者様の申請をサポート可能です。

やりとりはお電話・メール・郵送で可能ですので、ご来社頂く必要はありません。
サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

  1. ※必須
  2. ※必須
  3. オンライン面談
  4. 主たる業種
  5. 上記以外に該当する業種がありましたら、ご記入ください。
  6. ■■事前確認項目■■
  7. ①申請主体をお教えください。
  8. A2
  9. ②常時使用する従業員の数
  10. 商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)
  11. サービス業のうち宿泊業・娯楽業
  12. 製造業その他
  13. ③過去に以下いずれかの小規模事業者持続化補助金を受けたことがありますか。
  14. A3
  15. 弊社を知った経緯は、下記のいずれになりますか?(複数回答可)
  16. 問合せ経路
  17. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください