EPA FTA 特定原産地証明

EPA・FTAとは


EPA・FTAとは、幅広い経済関係の強化を目指して,貿易や投資の自由化・円滑化を進める協定です。
 

具体的な内容として、輸出入にかかる関税の撤廃・削減があります。

EPAに基づいて、実際に、日本企業が輸出入にかかる関税の撤廃・削減の適用を受けるために
必要な証明が、特定原産地証明書です。
 

 

EPAでは、2国間でMFNより低い税率を定められることから、
EPAを結んだ国との間では、他国よりも低い税率で輸出入を行うことができます。

日本では、これまで21か国・地域と18のEPA発効済・署名済で、交渉中のEPA相手国を含めると、

これらの国との貿易が日本の貿易総額に占める割合は、8割以上です。
 
 

しかし、特定原産地証明の取得に関する手間や事務的負担から活用できている日本企業はわずかです。

EPAFTAの制度があるとわかっていながら、

「特定原産地証明書」取得、手続きの煩雑さから、制度利用を断念してしまう企業さんも少なくありません。

 

そこで、弊社では原産地証明取得手続きを、サポートします。

 

特定原産地証明書申請のことなら専門のサポート行政書士法人へ

専門のコンサルタントがサポートいたします。全国対応いたします。
サポート行政書士法人
  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. オンライン面談希望
  4. ※必須
  5. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください