HOME許認可資金移動業登録 > 資金移動業の送金上限額
資金移動業登録

資金移動業の送金上限額

資金移動業の送金上限額

資金移動業には(第一種を除き)送金上限額が存在します。
資金移動業者は送金上限額を超えた送金を取り扱えません。

また、複数回に分けて上限額を伸ばそうとする取引に関しては、
疑わしい取引として届け出る義務がある場合があります。

例:
上限額100万円のところ、20万円ずつ6回送金することで計120万円送金するケース

種別ごとの上限額

資金移動業には、第一種資金移動業から第三種資金移動業まで全部で3つの事業類型があります。
各類型ごとに送金上限額が異なっています。

第一種:上限額なし
第二種:上限額100万円
第三種:上限額5万円

3つの事業類型が創設された背景

 資金移動業は、平成22年4月1日に「資金決済に関する法律」が改正されたことで創設された業種です。

創設時点では、資金移動業には種別が存在せず、
送金上限額は全て100万円でした(現在の第二種と同じ)
 
しかし、以下のような需要に応えるため、上限額の異なる事業類型が創設されました。
 
1. (第一種)
事業者間の送金など、100万円よりもっと送金額の大きい送金の需要。

銀行での送金なら元々上限額がありませんでしたが、
手数料が高く、送金スピードも資金移動業に比べて遅かったため、
資金移動業で上限額なしの送金を行う需要がありました。
 
3.(第三種)
スマホ決済サービスなど、100万円よりもっと送金額の小さい送金の需要。

上限額が5万円くらいで事足りる資金移動業についても、上限額100万円の事業と同じ規制や手続きが必要とされていたため、
上限額が低い代わりに申請等が簡便な類型に需要がありました。

送金上限額に応じた規制・申請

 第一種(上限額なし)>第二種(上限額100万円)>第三種(上限額5万円)

の順に規制(滞留規制など)は強くなっていて、申請の難易度も高くなっています。
 

資金移動業登録のご相談はサポート行政書士法人へ

弊社は第一種から第三種まで、全ての類型の資金移動業登録に対応しております。
そのため、いきなり申請難易度が高い第一種で登録するのではなく、
最初は第二種で登録して資金移動業を始めて、後から第一種にグレードアップするといったことも可能です。

第二種と第一種で別々に依頼するよりも、スムーズに引き継ぐことが可能になっております。
このように、お客様の需要に合わせて柔軟に対応できるので、
資金移動業登録をしたい方は是非お問い合わせください!

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. office
  4. ※必須
  5. 弊社を知った経緯をお選びください(複数回答可)
  6. 問合せ経路
  7. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください
  8. Captcha
 

資金移動業登録TOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録