HOMEビザ・帰化ビザ(事業者様向け)コラム(ビザ事業者様向け) > 【外国人採用診断】飲食店で採用するための2つのポイント!
ビザ(事業者様向け)

【外国人採用診断】飲食店で採用するための2つのポイント!

飲食店を営業されている皆様!

外国人スタッフの雇用に関して、ご不安などありませんか?

 

・コミュニケーションが不安・・・。

・飲食店ではビザ取得が難しいと聞いたことがある・・・。

・そもそもビザ手続きとか面倒・・・。

目次

1.外国人従業員を受け入れる際のポイントは「ビザが取れるか?」

外国人と面接をし、採用したとしても、
御社で就労するためには、「就労ビザ」を取得する必要があります。

 

そこまでサポートすることを考えると、
外国人スタッフを増やすことは結構大変に思われるかも知れません。

 

しかし、少子高齢化し、人手不足が深刻化している飲食店業界にとって、
外国人従業員を採用しない訳にはいきません。

 

そこでここでは、
就労ビザのポイントや採用するならこういう方のほうが良い!という事例をご紹介し、
実際に外国人従業員を増やすために必要なことを解説します!

1-1.【診断】採用していいのか!?

一般的に、「就労ビザ」を持っている方が飲食店で働くことは原則認められていませんでした。

そこで、留学ビザを持っている学生のアルバイトが多く、

週28時間以内の就労制限があるので、結局人手不足は変わらないということもしばしば・・・。学生では、なかなか活躍していただくのは難しいですよね。

 

これまで事業者様から

「留学生アルバイトにとても優秀な子がいるから、卒業後は正社員として雇いたい」というご相談をいただいていましたが、昨今のビザ取得の難易度から毎回心苦しい思いをしておりました。

 

2019年より、新しい制度が告示改正された今、

正社員として雇用したいと考えられている事業者様にとって、

どういう方であれば、採用することができるのか、以下の項目で確認してみましょう。

Q. 日本の大学・大学院を卒業していますか? ×
Q. N1(日本語能力試験1級)相当の日本語能力がありますか? ×

 

2. どちらも◯だった方はこちら

おめでとうございます!

ご本人の要件としてはクリアしているので、採用可能です。

該当するビザは、「特定活動46号告示(本邦卒業者)」です。

 

後は、企業様側の条件をクリアされれば、許可になる可能性大です!

 

①常勤(フルタイム)での雇用であること

 アルバイト・パートは対象にならず、派遣形態も認められておりません。

 

②日本人と同等額以上の報酬であること

 昇給面を含め、日本人大卒者・院卒者と同等額以上の報酬である必要があります。

 

③日本語を用いた円滑な意思疎通を要する業務であること

 実習生などの他の外国人社員と日本人をつなぐ「通訳・翻訳」の要素がある業務や、日本語を使ってコミュニケーションをする業務であるかがポイントです。

 

④日本の大学や大学院で習得した広い知識及び応用的能力を活用する業務であること

 日本で学んだ学問の知識を背景とする業務が一定水準以上含まれていること、または将来的にそういった知識労働に従事することが見込まれていることが必要です。

2-1. 申請の流れと審査期間は?

ポイントを確認したら、次は流れを確認しましょう!

まずは「留学」から「特定活動」へビザを変更する必要があります。

 

管轄の出入国在留管理局に申請後、約1~2ヶ月程度必要です。

現時点では運用開始直後ということもあり、

実際の申請時には、業務内容やその時間配分などの詳細な説明を求められることが多くなっています。

3.どちらも✕だった方はこちら

×がひとつでもあった方、まだ希望は捨てないでください!

「特定活動」へは該当しませんが、別の在留資格を取得できる可能性があります!

3-1.特定技能(飲食)

その外国の方が無事ビザを取得できるかどうか確認するのも、手間がかかります。

そもそもの基準作りから、実際の確認まで弊社のコンサルタントが提案させて頂きます。

 

 

・企業に求められる基準 ※外国人支援機関に委託することができます。

 

・報酬額が日本人と同等以上であるなど、外国人労働者と結ぶ雇用契約が適切であること

・過去5年以内に入管法や労働法令への違反がなく、受け入れ機関自体が適切であること

・外国人労働者が理解できる言語でなど、支援体制が整っていること

・生活オリエンテーションなどを含む、外国人労働者を支援するための計画が適切であること

 

・外国人従業員(内定者)に求められる基準

 

・18歳以上であること

・特定技能ビザの試験に合格すること

 外食技能測定試験

 一般社団法人日本フードサービス協会

 http://www.jfnet.or.jp/contents/gaikokujinzai/

 国際交流基金日本語基礎テスト合格、または、日本語能力試験N4以上

特定技能ビザについて詳しくはこちら

4. まずはご相談ください!(相談無料・見積無料)

お問い合わせいただいた方には、原則、当日または翌営業日にご返信しています。

 

2営業日以上連絡がない場合は、送信できていない場合があります。

お手数ですが、もう一度、当フォームよりお問い合わせください。

 

なお、お電話でのご相談も受け付けております。

お気軽にご相談ください!

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. ※必須
  4. 送信ボタンは、1回だけクリックしてください
 

ビザ(事業者様向け)TOP

許認可

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談