HOME最新トピックス技能実習ビザの最新トピックス > 帳簿の備付けは義務ですか?
最新トピックス

2021年5月31日

帳簿の備付けは義務ですか?

申請時の書類は保管する義務がありますか?保管期間に決まりはありますか?

実習実施者は、次の帳簿書類を作成し、事業所に備えて置かなければなりません。

これらの帳簿書類は、機構が行う実地検査や主務大臣が行う立入検査の際にも提示できるよう
適切に作成して備えておく必要があります。

また、保管期間は、帳簿書類の基となる技能実習が終了した日から1年間です。

 

それぞれの帳簿書類に記載すべき最低限の事項は次のとおりです。

① 技能実習生の管理簿
● 技能実習生の名簿(最低限の記載事項は次のとおり)
ア 氏名
イ 国籍(国又は地域)
ウ 生年月日
エ 性別
オ 在留資格
カ 在留期間
キ 在留期間の満了日
ク 在留カード番号
ケ 外国人雇用状況届出の届出日
コ 技能実習を実施している認定計画の認定番号
サ 技能実習を実施している認定計画の認定年月日
シ 技能実習を実施している認定計画の技能実習の区分
ス 技能実習を実施している認定計画の技能実習の開始日
セ 技能実習を実施している認定計画の技能実習の終了日
ソ 技能実習を実施している認定計画の変更認定に係る事項(変更の認定年月日、変更事項)
タ 技能実習を実施している認定計画の変更届出に係る事項(変更の届出年月日、変更事項)
チ 既に終了した認定計画に基づき在留していた際の前記オからキまでの事項
ツ 既に終了した認定計画に係る前記ケからタまでの事項
● 技能実習生の履歴書
● 雇用契約書及び雇用条件書
● 技能実習生の待遇に係る記載がされた書類(賃金台帳(労働基準法第108条)等労働関係法令上必要とされる書類の備え付けにより対応可能)
② 認定計画の履行状況に係る管理簿
③ 技能実習生に従事させた業務及び技能実習生に対する指導の内容を記録した日
※従事させた業務の記録に当たっては、
実習実施予定表
の項目の番号を引用するなどの方法により
必須業務・関連業務・周辺
業務それぞれの実施状況を具体的に記録することが求められます。
④ 企業単独型実習実施者にあっては、入国前講習及び入国後講習の実施状況を記録した書類