HOME許認可投資運用業登録 > 投資運用業とは
投資運用業登録

投資運用業とは

「投資運用業」とは、金融商品取引業の中の 1種類で、
 
「金融商品の価値等の分析に基づく投資判断に基づいて、
 有価証券又はデリバティブ取引に係る権利に対する投資として、
 金銭その他の財産の運用を行うこと」
 
をいいます。
 
簡単にいうと「有価証券等に財産を投資し運用するライセンス」です。
 
 
投資運用業の中でも行う運用行為によって、以下 4種類に分類されます。
 
①投資法人資産運用業
 登録投資法人と委託契約を締結し、有価証券又はデリバティブ取引に投資し、
 金銭その他の財産の運用を行う業務 
 

②投資一任業
 投資家と投資一任契約を締結し、有価証券又はデリバティブ取引に投資し、
 金銭その他の財産の運用を行う業務 
 

③投資信託委託業
 投資信託の信託財産の運用として、有価証券又はデリバティブ取引に投資し、
 金銭その他の財産の運用を行う業務 
 

④ファンド運用(自己運用)業
 集団投資スキーム持分等、所定の権利の保有者から出資・拠出を受けた金銭等について、
 主として有価証券又はデリバティブ取引に投資し運用を行う業務
 
 
例えば、ファンドから一任を受けてファンドの財産を有価証券等で運用したい場合、
投資運用業の中でも「投資一任業」の区分が必要…という形です。
 

「投資運用業」と「投資助言・代理業」の違い

投資家が資産を投資・運用する場面で登場するプレーヤーとして、

「投資運用業」と「投資助言・代理業(投資助言業)」が挙げられます。 

 

両ライセンスの決定的な相違点は「最終的な投資判断を誰がするのか」です。

 

投資助言・代理業(投資助言業)の場合、投資のアドバイスは行っても、

最終的な投資判断は、投資家自身が行うことになります。

 

一方で、投資運用業の場合、最終的な投資判断も含めて一任されることになり、

その担う責任はより重く、投資助言・代理業に比べて登録要件や行為規制等も厳しくなっています。 

 

サポート行政書士法人 東京 大阪 名古屋 横浜

サポート行政書士法人 東京 大阪 名古屋 横浜

投資運用業登録TOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録