HOME許認可 > 不動産特定共同事業

不動産特定共同事業

不動産特定共同事業とは

複数の投資家が出資して、不動産会社などが現物の不動産に関する事業を行い、

その運用収益を投資家に分配する契約(不動産共同投資契約)に基づく事業のことを指します。

第1号~第4号までに分類されます。

 

①不動産特定共同事業契約を締結して、当該不動産特定共同事業契約に基づき

 営まれる不動産取引から生ずる収益等の分配を行う行為(1号事業)

 

②不動産特定共同事業契約の締結の代理または媒介をする行為(2号事業)

 

③特例事業者の委託を受けて不動産特定共同事業契約に基づき

 営まれる不動産取引に係る業務を行う行為(3号事業)

 

④特例事業者が当事者である不動産特定共同事業契約の

 締結の代理・媒介をする行為(4号事業)

 

 ※複数の投資家がお金を出し合って、いわゆるファンドの形態で、

  現物の不動産に投資して、その不動産から生まれる運用収益を分配するスキームです。

 

 ※今までは、1号事業と2号事業しかありませんでしたが、平成25年12月に、

  不動産特定共同事業法が改正され、3号事業と4号事業が追加されました。

 

 ※不動産特定共同事業法における不動産特定共同事業契約としては、

 

  「任意組合型契約」、「匿名組合型契約」、「賃貸型契約」、「外国法令に基づく契約」

  の4種類が定められています。

投資運用業,投資運用業登録

☑ 新しく3号事業者登録をしたい

☑ 新しく4号事業者登録をしたい

☑ 不動産特定共同事業法の改正について詳しく知りたい

 

   以上のような問い合わせを、無料相談でよくいただきます。

 

当社サポート内容

 新規許可 | 新規の許可申請を代行

許可制度

不動産特定共同事業を行うには、都道府県または国土交通省にて許可申請を行い、
許可を受ける必要があります。
事務所の数や場所によって管轄が分かれています。

不動産特定共同事業の種別

不動産特定共同事業は、大きく分けて下記の4つの契約類型に分類することができます。
一般的に使われているのが、①の匿名組合契約型となります。
①匿名組合契約
事業参加者(投資家)が匿名組合に金銭出資を行い、
出資金により不動産を取得して運用を行う場合
②任意組合契約
事業参加者が特定の不動産の共有持分を任意組合に現物出資し、
その不動産を運用する場合
③賃貸借契約
事業参加者が共有持分を有する不動産を事業者に委任して
賃貸業を行い運用する場合
④対象不動産変更型  匿名組合契約
②から派生したケースで、契約期間中に対象となる不動産を
事業者の判断によって変更する場合

全国対応可能

サポート行政書士法人

お問い合わせください(相談無料、見積り無料)

不動産特定共同事業許可

お問い合わせいただいた方には、原則、当日または翌営業日にご返信しています。

2営業日以上連絡がない場合は、送信できていない場合があります。
お手数ですが、もう一度、当フォームよりお問い合わせください。

なお、お電話でのご相談も受け付けております。
お気軽にご相談ください!

  1. ※必須
  2. 相談希望オフィス
  3. office
  4. ※必須
  5. 弊社を知った経緯をお選びください(複数回答可)
  6. 問合せ経路
  7. 利用規約及びプライバシーポリシーの内容に同意の上、
    送信ボタンをクリックしてください
  8. Captcha
 

不動産特定共同事業TOP

許認可

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • ご依頼中案件の進捗確認

リンク

スタッフ紹介
お客様の声
社員ブログ

採用情報

  • 採用情報
  • 採用情報Facebook

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録