HOME最新トピックス > 法人設立後の運営サポートについて
最新トピックス

2020年11月27日

法人設立後の運営サポートについて

芳村上半身写真

こんにちは。

大阪支店の芳村です。

 

今回は株式会社設立後の運営についてお伝えします。

 

 

株式会社を設立したら、会社の何かを変更する際には、

株主総会の決議や、取締役での決議が必要になります。

社長だったとしても、1人で勝手に変更することはできません。

そして、決議した証明となる議事録等には、署名又は記名押印が必要になります。

法人代表者印だけの押印で済む場合もあれば、
取締役全員の実印での押印が必要になる場合もあります。
 
 
例えば、取締役が社長だけのか会社で、取締役増員と本店所在地移転を行う場合、
新たな取締役の就任が先で、その後で本店移転を行うと、
もともと、取締役増員前から、社長が本店移転することを決めていたとしても、
本店移転の決議においては、新たに就任した取締役も含めて全員の押印が必要だったりします。
 
この場合、実際の本店移転日が取締役増員時期より後だとしても、
その日に移転することの決議を取締役増員時期より前に行えば、
本店移転の決議にあたっての押印は法人代表者印だけで済みます。
 
些細なことですが、法人として色々なルールがある中でも、工夫ができます。
 
弊社では、法人設立後も、継続してサポートさせていただきます。
カテゴリ一覧はこちら

お客様の声

  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 社員ブログ

採用情報

  • 採用情報Facebook
  • 採用情報

メールマガジン登録

  • メールマガジン登録

営業所

  • 1.新宿オフィス
  • 2.秋葉原オフィス
  • 4.名古屋オフィス
  • 5.大阪オフィス
  • 6.駅前相談